Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

「ストロングゼロ」を悪くいうのはやめたげて。

ストロングゼロ」に世話になっている者です。

f:id:Madam_toad:20171208102706j:plain

 

 あの、な、な、なネットだと「底辺の酒」呼ばわりされてるの!!??

togetter.com

一種の「福祉」

だと思います。

 

500ml缶。

近所で150円を切った価格で販売されることがなくなってきたようで

残念。

 

【悪魔の飲み物】酒「ストロングゼロ」がいかにヤバイか教えたる : VIPワイドガイド

 

 

これでそこまで酔いますか?

 

あぁ、まぁ弱い人は結構くるでしょうけど。

私は、9%くらいがちょうどいいなーていうか

5%以下だとノンアル飲料と変わらないから。

 

でも逆に濃すぎたり、焼酎とか味のない酒、て苦手で。

 

ストロングゼロ美味しいやん!

「ビターオレンジ」好きー!

次点は「ビターシトラス柚子&すだち」

他の味はまず買わない。

ビター系出るまでは、「キリンビターズ」派だった。

あれなんで美味しくなくなっちゃったんだろ?気のせいかな?

どうも、皮ごとシリーズ出る前のがよかったような気が......。

 

ストロングゼロさん、

いつから世話になってたかな?

 

覚えてませーーーーーん。

 

ただ最近はだいぶ浮腫がひどくなってきてるんで。

なんと!

ストロングゼロに関してはロング缶1本で抑えてます。

 

他のは入れるね。やめることもあるが、、、うんまぁわりと。高頻度で。

うーん、まぁ。なんていうか、、、

 

メンタル荒んでるんで。

 

 

f:id:Madam_toad:20171208102635j:plain

やるなら一流を目指す。

最近改めて気がついたのだけど、

私まだ下に合わせたくないし、

頭を抑えられることというか、なんていうか、自分のレベルに引きずり込もうと(おそらく無自覚に)する人、すごく苦手だな、て。

 

私は好きなことをやる以上は

一流を目指したい。

 

うん、ぜったい。

 

 

だから

研究するなら、一流を目指す。

 

別に届かなくても、それは仕方ない。

 

だけど適当にやるくらいなら、初めから手を抜くくらいなら、

 

それならやりたくない。

 

9−17時、とにかくやり過ごせりゃいい、とか、

あくまで「生活のため」「お金のため」と割り切った仕事なら、他の、特に好きでもない事を仕事に選ぶ。そういう生き方も有りだとも思ってる。

 

ただし

自分は「好きなこと」を

だらだら適当にやる、ということができない。

 

全身全霊でしかできない。

 

 

研究はすごく好きだと思う。でなければ、ここまで這い上がってこれなかったし。同時に他のことを犠牲にしてきてる面もあると思う。けど、全然後悔がない。

 

といっても「好き」というい意味では、

本当はアートの方が好きかもしれない。

そもそも家族にはそっちの才能しか認知されてなかったし、個人的にも葛藤があった。

 

私は生物学に出会わなかったら、漫画家とかアーティストになりたかったのだけど

その場合も、

やはり全身全霊で取り組む

以外は考えたことがない。

 

だけど、絵も音楽も好きだけど、ちょっとその道だと勝負が厳しいかな、

てのは中学くらいの時から、どこかで認識していたので

後悔はない。

 

 

ええ、

おこがましいのは承知の上です。

 

二流三流に興味ないんです。

 

ない、ていうと語弊があるかもしれないけど

 

二流しか目指せないなら、

やりたくないの!

 

 

だって二流でいいや、て人は、三流以下にしかなれないから。

 

そりゃ

一流を目指しても、なれない可能性のが大きいと思いますよ。

 

自分なんて特に、エリートコースの人間じゃないし

しがないポスドクで終わるかもしれない。

死んでもさ、なかなか発見されない系になるかもしれないし、遺体処理してくれた人に『研究者だったらしいけど、何してたのか知らない』とか片付けられるだけかもしれないけど(笑)。

 

だけど

 

そんなことはどうでもいいの。

 

自分の結末は、自分は永遠に知らないから。

 

 

そりゃ他人は「結果」しか見ないけど。

 

「プロセス」は自分だけのものだから。

 

 

自分自身の、生きてる間の気持ちの問題。

 

楽しいんだもん

上を見てる方が。

 

 

もちろん、自分が二流以下であることはわかってる。

 

だけど、目指すのは自由なはず。

 

とにかく

やるなら一流を目指す。

 

またそれが

「好きなもの」に対する礼儀だと思ってる。

 

私は

全身全霊でしか愛せない。

 

 

 

今回はイマイチだった。

だけど次はもっと頑張る。

次はもっといいデータを出す。

次はもっといい論文を書く。

次はもっと、

、、、

そうして死ぬまで上を見てたい。

 

 

あと、

何をもって一流かとかそういう基準とか評価も、自分で決める。

 

人がどう言おうが、それはその人の意見なので。

本質的には自分に関係ない。

 

 

そして

自分だけでも、自分の可能性を信じ続けるの。

 

 

 

だって、

人生は一回きりだから。

 

f:id:Madam_toad:20171207091911p:plain

プラントハンターとクリスマスツリー()

なにこの人。

19世紀の人?

matome.naver.jp

プラントハンター - Wikipedia

 

定期的に現る謎のマスコミ挙げの変な人というか、いつの間にか誰も気にしなくなる系の人だろうくらいで

そんな気に留めてなかったんだけど。

 

なんでしょう!?

 

マスコミに取り上げられるようになって、調子に乗りすぎちゃった!?

togetter.com

 あのさ、クリスマスって・・・

 

基本的にキリスト教徒のものだし。元々は冬至のお祭りとかあとクリスマスツリーは巨木信仰と絡んでんのか、諸説あるようですけど

少なくとも

 

根は、宗教行事ですよね。

 

植物がかわいそうとか()ンなこと言ったら、花屋はダメで野菜はいいのかっていう話まで行くし。経済に影響しちゃうわな。

とは言っても世界の希少植物をインテリア()ごときのために採ってくるのはどうかと思うし。バブルじゃねんだから、なんの時代錯誤だよ!?て個人的には思うけど。

 

つか

問題はそこじゃないっしょ!

 

悪いのプラントハンターだけじゃないよ!!

 

日本人のペラッペラなクリスマス観が、起こした問題とも思いますけど!?

 

とにかく、

今回の「世界一のクリスマスツりーー!!()」はどう考えても、

 

思想及び哲学なきバカの極致

 

愚行でしょう。

 

案の定批判を受けたら、

そのあと軽やかに宗教冒涜して来て

 

不謹慎ですが面白すぎて... お腹痛くなった。

news.yahoo.co.jp

クリスマスツリー >>>> 鳥居

 

いいですね!

 

素敵です。

 

・・・大変よろしいと思います。

 

 

 

個人的には、好きです。日本のクリスマス。

メチャクチャで。恥も外聞もないとことか。

サイコーにファンキー!だと思います。

 

 

プラントハンターさん。。。。率いる神戸の企画?

 

クリスマスツリーに復興云々とか、、、、ゆるふわコンセプト与えるのが、あかんのです。

 

真面目な話。

半分ネタとして商業的な観点を主軸にしてやってるから、、、日本のおかしなクリスマスは活きるのであり

楽しめるのです。

 

 

 

騒いで馬鹿やってるくらいでいいんだよ。カップルでいちゃついてるとかさ

そんくらいでいいんだって。ケーキ食べた後は、、、 初詣は神社いってりゃいいの。

 

 

 

 

 あえて、真剣な領域に踏み込まないから、うまくいってるのに。

 

 

 

一体、今日の、21世紀の地球上の紛争で

宗教思想が絡んでないものが、

 

どれほどありますか?

 

 

 

 ここに鈍感な方は非常に多い。

 

外国人の前で

自分無宗教です〜(ヘラヘラヘラ)

 

 

 

植物だけの問題ではない。

 

商業的なイベントに思想や宗教を絡ませるのは、慎重に行うべきです。

 

その文化を築き守ってきた人たちに対して、

もっと敬意を払うべきだと思います。

 

 

土着のものが、

どうして土着なのか?

 

そこに思いを馳せることは、十分可能な時代でしょう。

 

 

 

 

目立ってなんぼ人種がいかに恐ろしいか

 

改めて驚かされました。

 

 

教養は大事ですね。

 

f:id:Madam_toad:20171202203626p:plain

諦めどきかな。

パートナー探しを、いちおうしてたつもりなんだけど。

 

そろそろ諦めどきみたい。

 

仕事に集中したい、安定が欲しい(メンタル的な)

というのが一番の目的で

 

経済的な依存先が欲しいわけじゃないから。

 

しかし

そうなると、

純愛以外で、わざわざ苦労を背負い込む選択はできない。

 

一方男性側からしたら、別にバリキャリってほどではないにしても、

若い女を選べる層からしたら、私みたいなのは必要なわけがない。

 

でも口先だけで何もしないと

言い訳してる、みたいやん。

 

だけど、いちおう、やるだけはやった。まぁ、ゆるく超ゆるく、ネットで。半年?いや5ヶ月くらい?ほど。

その上で、

 

おうよ!わしゃ結婚できん女じゃけーん!!!*\(^o^)/*

 

て結論なんだから

 

なんか吹っ切れそう。

 

 

現代の結婚制度って、基本的には自立できない人用

でしょう。

 

平等なパートナーシップとか

ほぼ幻想と思う。

一握りの運のいい人たちの事例はあるかもしれないけど。

 

 

たぶん大多数の"まとも"な女性がそうだと思うけど。

別に上昇婚がしたいわけではなく。平等な関係が欲しいだけなのだ。

 

だがそれが、

望めないのだ。

 

かといって好きでもない相手のために下方修正はしたくない

 

だから

頭がいい女性は、惚れた相手以外とはしないでしょうね。

 

 

 

私はやはり研究に誇りを持ってるし

まだ戦わないといけない。

 

愛情を注ぐ対象があると精神的に満たされるし

自分のためより誰かのための方が

同じ仕事、家事にしても、何倍も幸せを感じられるから

家族になってくれる人を探してたんだけど。

 

 

諦めるしかない。

 

 

よく

病気しなければ自分も家族を持てたんじゃないか?

とか

実家がもっと自分に理解があったら、こんな苦労をしないですんだろうから

もっとわかりやすいルートで釣り合うパートナーに出会えてたんじゃないか?

とか

 

色々ふつふつと、ダークサイドに堕ちたくなる理由は浮かぶけど。

 

結局は、全て「縁」なはずで

本当に自分に縁のある相手が存在してたなら

私が病気しようが博士課程を経ようが若干メンヘラだろうが、

その相手とは出会えてたと思う。

 

年取ってるからとか、東大院卒だから選ばれないとか、

それは、自分は少し違うと思ってる。

だって、そういう理由で選ばない相手は、私が若くておバカだったとしても、結局は縁がない相手だったと思うので。

 

本当に縁のある相手なら

そんな本質ではない理由で自分を無視したりしない。

 

 

だから、要するに、

 

自分には縁がなかった

 

それだけだと思う。

私自身の問題なのだろうと思う。

 

 

以前、くだらない占い師に、

あなたは仕事運の人で結婚運はない

と言われたことがあるんだけど。

 

それもかなり失礼な男女差別的なものを感じるけど。多少は真実なのかもしれない。

 

だとしても、

女に生まれたのも運命だし。

 

要するに

私の人生はそういうものなんだと思う。

 

 

でも

研究に出会えた。

 

どこまでできるかわからないけど

 

こうしてチャンスをもらえている。

 

よそ見してる場合じゃない

って神様に言われてるのかもしれない。

 

 

そうだ

頑張ろう。

てかそれ以外選択肢がない。

メンタル持つか、だいぶ心配だけど(笑)

 

f:id:Madam_toad:20171129233122p:plain

 

 

こうして書くことで、ちょっとはダークサイド堕ちを免れたら

いいなって思う。

「登山が趣味」とかいう人たち。

なんで降りるのに登るんでしょうね!?

 

前から思ってたけど

意味がわからない。

 

すごい暇で。金がそこそこある人たちなんでしょうけど。

いかにも安易というか

 

写真が趣味()よりか頑張ってる感が演出できるのはわかるけど。

 

割と恥ずかしい人たちですよね。

遭難したりするし。

tozanchannel.blog.jp

結局、

整備されたところにしか行かないし。

 

 

というか

本当に山が好きなら 住めばいいのに。

 

生き物にとって標高がいかに、効いてるかわかってんの?

生態バカにしてんの?環境適応なめてんの?

 

定住する気もないのに。

ただ登って降りて。イエーーイ!制覇!

という傲慢な態度。これちょっとどうかと思う。

 

住むべきだよね。

んで。そこで子を産み育てて。世代回してほしいわ。高地適応完了するまで

進化して見せてくれよ!!!

 

 

・・・まぁなんというか

ゴミ散らかしに登って、インスタ映えの写真とれんのか知りませんけど。

ガチで生息してる動植物は良い迷惑だよなぁ。。。

 

 

私は

目的のない行動は、基本的にする気が起きません。

 

エネルギーは蓄えるのが大事で。

必要以上に食べて、健康維持()のためわざわざ運動をする人類というのは、その性格がすでに絶滅すべし!なレベルでイレギュラーで

変なの〜!って思います。

 

 

特に中高年の登山が趣味()は。

暇と金はあるけど、かといって何一つ磨いてきたものがない人が陥りやすい代表的な趣味の一つ、という解釈です。

 

健康的で大変よろしいと思います。

ただ、自然荒らすのは、やめていただきたいですね。

 

だって

どうせ降りるんでしょ?

 

だからです。

降りるから。営巣するわけでないから。定住するわけでないから。通りすがりだから。

 

色々甘いんだと思うわ。

 

【エベレスト】深刻化するエベレストのゴミ・排泄物問題。| 節約旅行.info

 

 

という私は、かなり合理主義みたいで。登山に限ったことじゃなく、何かにつけて、

 

なぜ、そんなことするの?

 

と真面目に問うてしまうタイプです。

 

そもそも趣味で何かイレギュラーな事してる人って、ほとんど仲間とつるむのが楽しいのであって、同じこと、一人じゃやらないわけでしょ。

つまり、目的は交流とか何か気持ちよくなりたいとかフワッとしたもので、

たまたま手段が登山になってるだけでしょ。

それを景色がなんだとか自然がどうのとか........

言い訳がましい!!!!

 

なら

住め!!!

と。

 

 

私は観察やサンプリングのためなら離島だろうが単独でヒョイっと行くので。行動力なら、おそらく登山が趣味な方々()と変わらないか、それ以上だと思います。

 

目的があれば即行く。

なければ行かない。無駄だから。

 

まぁなんてつまらない人間!て言われても反論しません。

 

 

自分は、余裕がないです。

 

研究って実験など特に、かなり体力使うんで。

 

無駄に疲れることはできない、

て割と本気で考えてます。

 

とにかくね、

暇な時に、わざわざ疲れることをしたいとは思わないんですよね。

しかも、自然荒らしてまで。

f:id:Madam_toad:20171126235735j:plain

 

 

 

とにかく

ゴミ巻き散らかすのだけはやめてほしいです。

私も痴漢のこと言えなかった。

この記事を見たとき、すごく、考えさせられました。この方の気持ち、よくわかるし。ほんとに、苦しくなりました。

news.yahoo.co.jp

思い出したくないことを、そのまま封印してきて、、、

だけど、そういう私のような女の弱い態度が、問題を放置して、結局は、より若い層に問題を押し付けてきたのかな、て。

 

痴漢被害なんて、意識過剰じゃないの?

 

というのが、最も私たちの訴えを封印してきた。

 

そう、声を殺す代表が、この社会の同調圧力

”面倒臭い女”だ、て想われることがこの社会で生きにくいことにつながることを察しているから、

あえて、黙りこくってきたと思う。

 

だけど、

本当に許せないと思う人たちがいる。

news.yahoo.co.jp

いつのまにか湧いてきた、女尊男卑だと騒ぐ人たち。

 

私、これだけは許せない。

 

そもそも、痴漢ってどんな理由でやるか知ってます?

 

ストレス発散だとよ!!!!!

ddnavi.com

 

あまりの酷さに、もう対話する気は起きない。

 

 

 

 

1976年生まれの私は、初めて痴漢被害にあったのは小学生高学年の時でした。

普通の日常の、普通の登校時。初め気にも留めなかったけど、何か見知らぬおじさんが自分に寄ってくるな?...て思った。

 

誰も気がついてはくれなかった。

 

当時は何が起きたのか、ちゃんと理解できていなかった。

 

半ショック状態だったのか、自分の中で整理できない案件だったので、

親にもいえず、封印していた。

 

少し落ち着いた後、

 

これは何か 恥なことかもしれない

 

自分の中で、そんな風に直感で思ったことも、話せなかったことに起因してるように思う。

 

 

しばらくして、一度だけ、夕飯を作っている母の背中に向かって、重い口を開いたことがった。

自分としては決心ををしてやっと言いだしたこと、、、、なのだけど、

 

いつもと変わらず忙しそうにしてた母は、あまりちゃんと聞いてなかったのか、

割と軽く受け流されたように感じた。

私も根掘り葉掘り聞かれるのは嫌だったので、すぐやめた。この話は、もうこれ以上はいいかな、て感じで。

 

どこをどう触れたのとか、言わなかったけど。

そもそも、気にした私が、神経質だったのかもしれないと。

 

 

  

その後、

中高の6年間、電車通学していた私は、

驚くほど痴漢被害の多さに、冗談抜きに悩まされた。

ただ、これは私だけでなく多くの同級生も同様に被害にあっていたようで、

特別なことじゃないんだ、という捉え方だった。

 

また困ったことに、中にはよく分からない、自分の勘違いかな?というのも含まれるので

実際にはどの程度の頻度で本当に痴漢だったのか分からないところはある。

 

だけど、確実にそうだというのは嫌でもわかるので、...なかなか、精神的ショックは大きかった。

 

 

年代はバラバラだった。

サラリーマンから同世代の中高生まで。

容姿も年代も、きっと社会的地位とか、とにかく何も共通点はない。男性である以外。

関係なかった。

 

満員電車。

 

昨日、あったから、今日はあの車両は避けよう、

そうして乗る場所を選ぶ。

 

今日はあわずに済んだ、とホッとして学校に着く。

 

そういうレベル。

 

日常になっていると、もうそういうものなのだと、半ば麻痺していたと思う。

 

 

それでも、中学3年になった頃、あまりに被害が多いので、私も自分の見た目を、つまり、舐められる原因が自分の見た目にあるのではないか?と、いかにも大人しそうに見えるのが原因なのではないか?と、

髪を切っ見たり、丸顔を改善できるようダイエットしてみたり、キリッとしよう!と鏡と睨めっこしたり。。。

 

少しでも嫌な思いをしないように、それなりに努力した。

 

そして確かに、キリッと堂々とするようにしてると、高校に上がった頃、被害は減ったように感じた。

それか、単にロリコンの対象ではなくなったから?かもしれないけど。

 

そんな中、さすがに参った、というか怖っ!、と怯える事件があった。

 

高校1年の時、スカートを切られたのだ。

 

満員電車の中、正直、切られたことがわからなかった。

 

学校に行ってから、同級生が気づいて指摘してくれたのだ。「どうしたの!?」と。

 

帰宅して

母に打ち明けたら、

裏から布を当てたら、なんとかなるんじゃない?と優しく対応してくれた。

 

ガタガタの切り口だったけど、母が上手に縫い合わせてくれて、そのスカートは引き続き履き続けることができた。

 

しかしこの時は流石に、京王線に報告した。無視できない被害と感じたからだ。

 

その答えは『そういう報告が、他にもあるのですが。。。なるべく車掌に近い、前の車両に乗ってください。』

そんなものだった。

 

 

それから、女性専用車両が導入されると、私は、もう女子高校生を卒業してはいたけど。この措置にすごくホッとして、進んで女性専用車両を使うようになったことを覚えている。

 

 

しかしこれは、

解決ではない。

 

news.livedoor.com

 

 

 

また自分の場合は、満員電車の痴漢以上に、言いにくいのだけど、

小学生時の痴漢と、担任によるハラスメントが、最もトラウマになっている。

 

そう、最悪な思い出は、小学5、6年時の男性教諭のセクハラだ。

 

簡単に言えば、所謂ロリコンが私を気に入ったらしいのだけど、気持ち悪いので拒絶すると、可愛さ余って憎さ()と言わんばかりに、婉曲な嫌がらせ行為をしてきた、というよくある非常にわかりやすいものだった。

 

だけど、これこそ本当に誰にもまともに訴えようがなかったから。本当に嫌だったのに、明らかに嫌がらせなのに!!!!、まともに取り合ってくれそうな人はどこにもいなくて・・・・

 

すごく孤独だった。

 

今でもあの担任を思い出すと、今でも気持ちが悪くなる。

 

またこの担任以降、「がっこうのセンセイ」という人種に強い不信感を抱くようになった。

 

当時、家は色々大変で。

ちょうど母の病気が発覚して入院して。家はそのことで一杯一杯で。。。

もともと1μも頼りにならない父親を筆頭に、話など通じはしない年の離れた兄弟。

 

本当に孤独だった。

 

それもあって、漫画ばかり描いていたのかもしれない。

 

心を許せる唯一の存在は、愛犬。チャウチャウ犬のクマちゃん。

 

www.madamtoadblog.comあの子には本当に助けられた。あの子がいなければ、私はもっと病んでたと思う。

 

 

そして、

 

大人に期待してはいけない

 

という私の捻くれた信念は、この頃、確立された。

 

そして同時に、この、一連の10代の体験を元に、

 

誰も頼りにならない、甘えられる人間などいない!

 

というスタンスと、

 

私は絶対に専業主婦にはならない、男に養ってもらうのは死んでもゴメンだ!

 

という静かな誓いも、心に刻まれたように思う。

 

 

 

今思い出すと、当時の自分が自分で可哀想になるけど、、、

 

 こういう、子供の頃の苦い記憶は、忘れようがないから。

 

 

 

 

しかしここで問題なのは、

同じことを体験しても、人によって受け取り方が違う

という点だ。

 

だから、

私にとってトラウマ的に嫌な体験だったことでも、人によってはダメージ0なのかもしれないし、記憶にも残らないのかもしれない。

 

・・・そう。

受け止め方には、大きな個人差がある。

 

だけど、

自分が平気だったのだから、あなたも平気なはずだ

というのは

大変な傲慢でしょう。

 

 

 

 

男性にも色々な人がいるから、一様に最低な人ばかりだとは言えない。

自分はあえて言いたくないから。ずっと黙って、いずれ自分が忘れたらなかったことにできる、それでいいと、封印してきた。

 

だけど、  

 

結局、未だに変わらない日本社会を見て

結局、今日も泣いてるのは女性であるという現実を見て、

 

やはり、

ちゃんと表明すべきなんだ、と

改めて思った。

 

 

痴漢は、男尊女卑のがあってこそ生み出される行為。

 

言い訳は一切ありえない。

 

彼らは、心の底から女性をバカにしているだけです。

 

 

そんなものを容認してはいけない。

 

 

 

 

表明しよう。

 

私もおなじ。

 

辛かったけど

 

言えなかった

 

訴えが通じなかった

 

 

その一人ですと。

 

 

 

どうか

世の中が、少しはマシになりますように。

人間界において自分が何者なのかよくわからない。

コミュ障なんですよ。きっと。

 

その癖、人に合わせるの、けっこう得意というか

癖で。

とりあえず、面倒臭いので相手に合わせてしまう。

 

誰かと対峙してるとき、

相手の考えてることとか、人物背景とか空気感読んでしまうのが癖というか

見えるというと傲慢だけど、だいたいあるじゃない、

あぁこの人はこんな文脈でこの話をしてきてる、ということはこんな背景があるんだな、ここでこのセリフが出てくるというのはこんな思考プロセスを経てるな、的な。

別にいちいち文字を起こしはしないけど。てより映像思考型なので正確に翻訳できないのですが。

 

わからんけど、癖なんです。勝手に頭が動いてしまう、て感じ。

 

それで話題から何から、合わせちゃうんです、相手に。

 

特に親しいわけでない仕事関連の人とか、

特に異性だととりあえず合わせてしまいますね。

 

 

 

で、

帰ってきて

 

ん?

あの人、自分とあってんのかあってないのかわからん。

 

てなります。

 

自分がない のかも

そう思うことも時々。

 

でも面倒臭いんで、合わせられるから"とりあえず"合わせてしまうんです。

 

そりゃみなさん、ある程度同じようにしてると思う。

大人は特に、上手に距離とるし。

 

 

ただ自分の場合、相手に自分と合っていると思わせてしまうことも無駄に多い気がして。

 

そこに違和感を感じている自分がいる。

 

けっきょく、そういう気を遣った状況は居心地悪いので。

一人が落ち着く、てなってしまって。

 

孤独な巣に帰ってしまう。

  

f:id:Madam_toad:20171008213311j:plain

 

でも本当はずっと一人でいたいわけじゃないし。長期的なパートナーが欲しい。

 

でもこれじゃダメじゃん!

 

 

二重人格なのかもしれないな。

 

 

本当は自分の世界に入ってきてほしくない、て思ってるっぽいし。

 

 

パーソナルスペースみたいなのが

自分にはよくわからないというか。

 

私の世界に入ってきてほしくない、て感じはあると思う。

 

面倒臭いんだもん。浅い人に荒らされたくないというか・・・

 

面倒臭いので、自分の引き出しの中から相手が好むだろうものを出しておいて、

出したくないものは出さない。

 

ある程度、誰でもそうでしょうけど。

 

 

だけど本当は仲良くしたいし、仲良くできる人を探すのを諦めてるわけではない、

 

つもりなんですけどー・・・

 

 

この人はこういう風に自分と接したがってるな、

という感じで脳が勝手に計算し出して仕まうようで

 

はい、はい、的に話も落ちが見えたりすると、最後まで聞くの苦痛だし。正直、イライラすることもよくある。

 

でもちゃんとコミュニケーションしたいと思ってる。

 

ちゃんと・・・・

 

だけど人といてもよく妄想し出してしまう

カエルのこと考えたり、綺麗な葉っぱが落ちてたら拾いたくなったり

 

何か

人付き合いというものに集中できてない気がする。

 

私はいったい、本当に気の合う人、親友とかパートナーを本気で探してるのだろうか?

 

 

うーーーん・・・

 

 

 

自分が何者なのかわからない。

人間界において。