Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

亡くなったペットの夢。

亡き愛犬が、今でも夢に出る。

 

人生で一番、愛し愛された相手、亡き愛犬、芝犬の龍之介。

もう7年も過ぎたのに、未だに、時折夢に出てくる。

成仏してないとは思えないけど、私があの子を呼び寄せてるのか、ちょっと気になってしまう・・・

 

記憶に残る名犬、じゃなくて迷犬!?、というか。。。

ハンサムなのだけど、ヘタレ、というキャラで。可愛くて可愛くて。

 

あの子の写真は結構あるけど、95年生まれのあの子の子犬〜青年期は、まだデジカメ全盛期に入ってなかったから、フィルムのものが多くて。多くは実家のアルバムの中。

 

例えばこれは、すでに緑内障が出てきた10歳頃のあの子↓(この写真は当時PEPPYに採用されたものでもあり飼い主の私としてはちょっと自慢)。

f:id:Madam_toad:20170525205650j:plain

 

何が言いたいのか、っていうと、、、まぁ、

龍之介という超絶ハンサムな芝犬を飼ってました、ていうだけなんだけど。

 

とにかく、

龍之介は、私とラブラブでした。本当に。もう言葉に表現できるレベルを超えた、つながりです。

私はあの子と築いた以上の「絆」を、誰とも持ったことがありません。

 

深い深いところで、精神的に繋がってた感覚があります。

そして、それは今も、感じます。

信じてもらえなくていいけど、時空を超えた「絆」です。

 

時折あの子は私の夢に出てきて、相変わらず甘ったれのだだ坊の姿を見せてくれます。

ペロペロ舐めてくれたり、走り寄って来たり、抱っこだったり、、、

夢の中では当然のように生きてて、不思議。

 

私にとってのあの子は、言葉に言い尽くせない存在だから。

どうしても、どうしても、忘れることはできないし。その必要も感じません。

 

 

死んだペットは虹の下で飼い主との再会を待ってる、という話があるけど。

それを、あえて信じて。死んだらあの子に会えるんだ...!と、私は、、、

楽しみとしてとっています。

 

もちろん、龍之介以外にも愛情を注いできたペットはいるから、龍ちゃんだけを特別扱いするわけにもいかないんだけど。

なんだろう、あの子の私への執着は、また私からのあの子への想いは、なんて言ったらいいか、、、

私たちって、兄妹だったり恋人だったり親子だったり、

この世にあり得るすべての関係性を包括してなお超越した、硬い、硬い「絆」を持っていたと思う。

 

人生で一番愛してるし。一番愛してくれた。

 

かわいい、かわいい龍之介・・・

10歳で緑内障を発症するまでは、本当に運動大好きで、いつも走り回ってるような元気な子だった。

かわいそうに。

晩年は認知症も発症して、やせ細って。

f:id:Madam_toad:20100103222340j:plain

 

だけど元々甘ったれだったあの子の晩年の幼児還りは、本当に手が焼けたけど、

本当に、本当に、、、

可愛かった。

睡眠時間削られても、可愛かった。

一度、介護疲れで私はあの子を叩いてしまったことがあって、

本当に、ごめんね、、、って今でも思う。

 

 

結局、15歳になる前の冬に死んでしまったけど。

 

いい飼い主でもなかったけど。。。

 

龍ちゃんは、今でも私を心配してくれてるんだ、今でも私が好きなんだ、って思う。

 

どうしても整理できない。

あれ以上の愛情を、、、人付き合いの中では、とても、とても味わえやしないから。

 

薄っぺらい社会の中で、

いつも渇望してしまう、

あの「繋がり」。

 

 

犬の良さを、真髄を知ってしまった人間の、宿命でしょうね。