Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

人類滅亡へのカウントダウンを聞かせてくれ。

いつになったら本当に滅亡するのだ人類は!?

 

一番期待値の高かった「1999年」。

ノストラダムスおじさんが7の月に恐怖の大王が降ってくる!て脅してた年。

何もなくスルー。

恐怖の大王はあれかな?忘れちゃったのかな?それか降りてくる場所間違えたのかな?

 

1999年は人類滅亡説は本当に定番中の定番で、みんなワクワクしながら世紀末を迎えてた覚えがある。

世紀末は毎回人類はソワソワする100年に一度のお祭りみたいなものですかね。

 

私もケンシロウの活躍するリアルヒャッハー!な世界、ちょっと見たかった・・・

 

んで次は「2012年」。

 

マヤの暦がどーのこーの。詳しいこと知らんけど。

危ない危ない、て一部で騒いで映画まで作ってた。

2012 (映画) - Wikipedia

結果。

もともとあんまり期待してなかったけど、やっぱり何も起こらず。

 

 

さてじゃあ次の滅亡チャンスは!?

tocana.jp

今世紀中がチャンスらしい。。。

 

 

にしても、

「終末思想」好きだよね人類って。

なんでだろう?

そんなにおわらせたいの?

 

終わったらどうしよう!て不安感があるのは、

あまりに個体数、増加させ過ぎたから?

 

今日の世界人口はおよそ73億人、となってるけど、怪しいもんですな。80億人くらいはいそう。。。

以前私は、今日の世界人口はこれまでの人類の総計より多い、て習ったのだけど、昨年はこんなデータも公開されたらしいですね↓。

middle-edge.jp

しかし、それにしても、世界に70億強も分散してる人類を根絶やしにさせるのって、すごく大変そう!

さすがの病原菌もそんな力はないだろうし(というか感染症は強毒すぎるとあまり流行らんので、中程度の毒性で人類と共存するのが一番病原菌的にも勝ち組)。

天変地異か、宇宙人襲来か?

 

以前は、90年代初頭くらいまでは、人類滅亡といえば「核戦争」。

それこそヒャッハーな世界、漫画アニメ映画で一番人気の絶滅シナリオ。巨神兵とかもそっち系かな。

なんか戦争ってまた起こるんじゃね?ていう漠然とした人類お得意の負の妄想、ビバ!「終末思想」と、当時のリアル世界情勢がいい感じで合わせ技してたんでしょうね。

まぁ若い人は知らんでしょうけど、昔レイセンっていうものがあって、第三次世界大戦は核戦争になる、てビークビクしてて。

ポチッとな!と。ガチでボタン一つで核戦争が起こりそうな状況もあったのですよ(キューバ危機 - Wikipedia)。

 

 あーしかしでも、ヒャッハーな世界の醍醐味は「生き残った人類」によるドラマ、だから絶滅はしてないな。違うな。

 

根絶やしにされないとあかん。

かつての恐竜や、メガテリウムなどの大型哺乳類、最近だとドードーや旅行鳩のように・・・。

 

そう、人類が絶滅に追いやった種は数知れず、、、

なのに誰も人類を絶滅させてくれない!人類無双!!!

 

 

 

しかし、

人類って「恒久平和」大好きっ子で、同時に「終末思想」と別れられないっ子。

なんでしょうね。

 

どの宗教にもそういうのアルアルなのが不思議。

末法思想!」とか。

 

・・・なんなんでしょうね、人類って。

 

 

なんでだろう?

 

何で終末を夢見てしまうのだろう???

 

どこかで、自分たちに終わりが来ることを、予感してるから?

 

・・・ま、そりゃそうだろうけど。

 

これまでの生物種の平均(絶滅)寿命は100〜1000万年程度とか何とかとも言われてますけど。

人類はおよそ200万年の歴史がある、てのを採用すると、そろそろ絶滅してもいい頃合い?

 

 

うーん、自らの環境破壊により食糧難、とかもカッコ悪いし。

 

やっぱあれか、

彗星衝突!!!

tocana.jp

これはちょっと、、、期待値、高そうですね♪

 

 

しかし、好きだよねーみんな。

なんでこういうことばっか言ってんだろう?

 

 

 

 

でも私も時々、すごく聞きたくなるんですよ。今夜みたいに。

 

人類滅亡へのカウントダウン。