Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

プライドは幸せに必要か。

そもそもプライドってなんなんだろう?

 

日本語だと自尊心っていうけど。

自分は価値のある人間だ、て信じてるってことだけど。

だいたい、譲れないもの、があって、負けず嫌い、て感じかなぁ。

要するに頑固ってことかな。

 

プライドが高い人は、勝ってる自分が好き。

 

現状に不満があったとしても、自分はもっと上に行けるはずだ、という信念があるので、それがそのまま向上心になり、努力すると思う。

だから結果として、プライドが高い人は仕事ができる人になって、評価がついてきて社会的地位も高くなる、そういう傾向があるかもしれない。

 

そうすると、人が成長するためには、

プライドの高いことはいいこと、と言える。

 

でも努力してもうまくいかないこと、運がついてこないことや、向いてないことに取り組んでて結果が出ないこと、なんてのも多々あるだろう。

 

プライドの高い人は、負けてる自分が大嫌い。

 

だからプライドの高い人は、負けてる自分を受け入れられず、苦しむことになる。

プライドが邪魔して人に弱みを見せられないから、周りに相談することもせず、抱え込む。なので周りも力になれない。

弱い自分から目を逸らすことで、成長のチャンスを逃してしまい、結果としてなかなか改善しない。

 

そんな悪循環に陥るのって、すごく勿体無いと思う。

 

 

しかし私にはこのパターンはない。

私は「ダメな自分」を開示するのに抵抗がないので、あまりそういうことにはならない。

だから、私はそんなにプライドは高くないのかもしれない。

 

いや、なんと言うか、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」を実践してるだけなんだけど・・・

 

というか、私は本当は、結構プライドの高いほうだと思う。負けず嫌いなとこもあるし。プロ意識も強い。

ただ、自信が伴わないので、自分のプライドに応えられていない、というのが現実。

負けることにも慣れてしまってて、なんとかしたいって未だに葛藤中。

 

 

 

本題、

ではプライドって、幸せに必要なのか?

 

あったほうがいいのか、ないほうがいいのか?と言う二元論でもないけど。

 

プライド高い人がそのせいで幸せを逃してる、って事例が多い気もする・・・・

 

それと、プライドなのか虚栄心なのか、

ちょっと区別がつかない時もある。

 

プライド=「誇り」というのなら、まずは自分が自分のことをしっかり受け入れてないといけない。

 

なので、プライドが傷つくから嫌だ、というのは。何か違う気がする。

単に、傷つくのが嫌だ、でいい。

 

それに、プライドの高さゆえに相手を傷つけていることって、結構あると思う。

そこまでして守り通した己のプライド、ってなんなんだろう?て話。

 

強い自分は受け入れるが、弱い自分は受け入れない、という状態のプライドの高い人が、相手を傷つけてでも自分を守るとき、

とりあえず本人は傷つかずに済んだのかもしれないが、一方で、弱い自分から抜け出せていない、という問題が残る。

 

そしてそのプライドの高さゆえ、結局は自分自身に納得もいかず、不満を抱えて生き続けることになる。

 

 

そんな誰も幸せにしないプライドなんか、捨てちゃえばいい!

 

 

仮にもし、

もし本当に守りたいものが、譲れないものが、「誇り」があるなら、

やっぱり闘わないと。

 

 

そういうプロセスをしっかり積んできた人の、歴戦のプライドなら、本人もその人に集まってくる人も、きっと幸せにするのだろう。

 

 

 

とまぁ、批判っぽくはなったけど、

プライドの高いことは、基本的にいいことだと思ってる。

 

私はプライドの高い人が好き。

 

頑固かもしれないけど、純粋さもあるし。やっぱりカッコいいと思う。

 

だけど虚栄心の強い人はダメ。

プライドの高さを、人を見下すことで必死に守ってる、という感じが苦手。

 

 

大事なのは、自分の「プライドの高さに見合った強さ」を身につけることなのかもしれないな、て思う。

 

それができないなら、弱いなら、捨ててしまうのがいいと思う。

幸せの邪魔だもの。

 

 

 

まぁ、考えてみれば当然だけど。

幸せかどうかに、プライドの有無は関係ないだろう。

 

だけど、すごくプライドの高い人が、そのプライドを抱えたまま幸せを目指すのは、なかなか茨の道ではなかろうか、て思う。

 

f:id:Madam_toad:20170628230046p:plain