Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

人ってなんで祈るんだろうね。

人以外に祈る動物って、見たことないなぁ・・・

祈っても祈らなくても、結果は同じような気がするのだけど。

 

祈りが効くことって、本当にあるんだろうか?

 

 

映画「ハクソー・リッジ」を観てきたのだけど、なかなかすごい映画でした。

日本兵の描き方で?な部分があることを除けば、見応えのあるおもしろい作品。特に戦場のシーンは、圧倒的な臨場感ですごい迫力なので、ここだけでも映画館で観る価値があるかも。よくあんな戦闘シーン撮れるなぁ、とビックリしましたわ。地上波では流せなそうだけど。。。

ハクソー・リッジを上がって戦場に入ってくとこは、下手なホラー映画より怖かったっス。めちゃ緊張感あった。このシーン1つとっても戦争映画として一級品と思う。

本当に臨場感がある。逆にありすぎて苦手な人も多そうなくらい。

 

いやぁ、生きててよかったー!て感じましたよ。あんなとこ行きたくねー!!!て。本当に。

 

主人公が、簡単にいうとかなり変人なのだけど。変人ゆえ?に偉業を成し遂げてしまう、という物語。また本筋とはズレるけど、いかにも恋愛下手キャラな雰囲気なのに、えらい美人さんといとも簡単に恋に落ちてあっという間にゴールイン、というのが若干ムムム・・・となった。

 

 

でまぁ、映画は映画で素晴らしい出来だったのだけど、

人類ってほんとう不思議な動物だなぁ、と。。。

 

懲りずに戦争を繰り返すこと、そして同時に信仰を持ってること、この2点は奇妙で仕方ない。

 

特に「信仰」って、なんなんでしょう?

 

他に「祈る」動物、て観たことがないのだけど。なんで何かと祈ってんだ?人類は!!!

 

「宗教」と呼ぶようになると、祈りが儀式化されたり、教えあり〜の祭事あり〜のと、色々な形態を示すようになるけど。

 

そもそもの発端は、「祈り」、でしょうな。

祈る、すなわち、何か望みが叶うように願う、というのは、先のこと、未来のことを「想像する力」がないと出ない行動でしょう。

そうすると、過去現在未来、という時の流れの概念を持つ動物じゃないと、「祈る」って発想も出ないのかなぁ。

 

では信仰を持たない他の動物は、先を予測する、という概念自体がなく、一瞬一瞬の「時」を、ただただ受け入れて生きてるだけなのだろうか?

 

でも社会性がある動物って、犬猫など飼ってればすぐわかることだけど、『待っててね』、て言われたらじっと待ってるし、ご飯の時間もおおよその感覚で覚えてるし、飼い主の帰りをじーっと待ってたりしますからね。

それって、帰ってくるのを期待してる、てことでしょうから、先を予測してるわけで、「未来」の概念があるように思う。

ただ動物たちの場合、未来といっても、想像できるのは、せいぜい数日から数週間程度が限界なのかもしれない。一年先、数年先、という概念は持ってないのかもしれない。

 

予測できる近い未来と、できない遠い未来。実際、その差がなんなのかわからないけど。

 

先がどうなるかわからないから、希望通りの未来が起こるかわからないから、少しでも不安を取り除くために、人は「祈る」のだろう。

 

「大事な人の無事を祈る」、も、その人の未来に介入できない時ほど、人は「祈り」に頼る。

 

では、

その「祈り」が予定された未来を変える、なんてことあるんだろうか?

 

いや「祈り」にそんな力なんてあるはずはなく、単なる気休めにしかならないように思う。

 

だけど、気休めであっても、祈らずにはいられない。

 

願いが叶った時は、それこそ、「祈り」のおかげだ!と思うだろう。

そして一度、「祈りが通じた!」となると、験担ぎだなんだと、また次も祈るのだろう。そうして習慣化され、世代を超えて継承されて、いろんな形の「信仰」が生まれたんだろう。

 

 

人は何か、因果関係を見つけたがる癖がある気がする。

 

なぜその結果となったのか、プロセスや要因が不透明な状況が、脳にとてもストレスなのかもしれない。

 

どこかに「理由」を求めてしまう。

 

「理由」さえわかれば、対策できる(はず)だから。

 

また人間にとって、自分たちの万能感が脅かされることは、基本的に受け入れられないのかもしれない。だから、人知を超えたもの、自然災害、未来の運命、などには「信仰」で対抗するしかなかったのかも。

 

しかしまぁ、祈ることで解決するなら苦労はないよね・・・。

 

 

実際には、「行動」こそが未来を変える。

 

映画の主人公もそう。彼はただ祈るだけじゃなく、その信仰に基づいて、ものすごい行動をしてるのだ。

 

「行動」したから、「結果」がついてきた。

 

「祈り」って、集中力を高める効果にこそ意味があるのかもしれない。

 

ただ、試験に合格したいとか、人を一人でも多く助けたい、なんてのは、行動が伴うことで結果を引き寄せる、と当たり前でわかりやすいけど。

「雨乞い」とかはどうだろう?古典的な祈り行動の典型だと思うが。

または、祈りと隣り合わせの「呪い」とかも。効果あるんだろうか?

 

「祈りが届いた」のか、「努力が実った」のか、どっちかわからなくとも、結果として希望が通ればいいのだろうけど。

天候相手に努力しようがないし、自分以外の相手のことも、幸せも不幸も、祈ろうが祈らなかろうが、変えようがない。そもそも自分とは関係がない。

 

関係できないけど、関係「したい」、という気持ちから、祈らずにはいられないのだろう。

 

そもそも、

祈る、念ずる、・・・そういう行為は、いつからしてたのだろう?

 

 

例えば、

カエルを見てると、時々何を考えてるのかわからないというか、何も考えてないのだろうけど、いやそろそろ雨になるかな?とかそういうことくらいは、ちょっと考えてるように見える。

飼い犬も早く散歩に行きたい、まだかな?まだかな?と、飼い主の動きを見つめながら、よく考えてる思う。

 

つまり結構いろんな動物が、ある程度「こうなってほしい近い未来」を思い描くことができるのではないか?

つまり、現在と未来、という時間の流れの概念を持っているのだと思う。意識せずとも。

 

ただ、人と違って動物は、その通りにならなくても、さほど怒り狂うことはない。

だけども人は、自分の思い通りにならないと、ひどく落ち込んだり、怒り出したりする。

 

・・・そう。人は強欲なのだ。

 

無欲なら「祈る」必要もないだろうから。

だって、どんな未来もただただ受け入れるだけ、でいいはずだもの。希望がなければ絶望もないから。

 

でも強い欲望があるんだよね。こうなってほしい!!!!ていう。。。

 

案外、人はこの欲望を抑えるために、信仰を持つようになったのかも。

 

信仰があれば、自分を納得させらるし、受け入れがたい現実への拒否感からくるストレスや、そこからくる不安からも、逃れられる。

 

そう思うと、ちょっと敬虔な感じからは遠ざかってしまうけど。

 

だけど、人が祈る姿って、とても美しい。

なぜかわからないけど、私は宗教宗派関係なく、人が祈ってる姿の美しさに、普遍性を感じる。

 

他の動物から見たら、あいつら何やってんだ?てくらい、不思議な行動なのかもしれないけど。

 

一心に祈りを捧げる人って、とても力強く感じる。

 

 

 

それで、未来が変わるのかはわからないけど。

 

 

そんな私も、ときどき祈る。

 

 

GREENHOUSE カエルくんオーナメント 祈り 3606-C

GREENHOUSE カエルくんオーナメント 祈り 3606-C