Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

孤独だなぁ、と思うとき。

あぁ孤独だなぁ、と思うことは、年々増えたかな、と思う。

 

特に研究しだしてから、完全に増えたと思う。

基本的に、孤独な営みだし、一人でずっと戦ってる、という感じなので。

なかなか理解者はいないし。

そりゃ、発表したり論文出したり説明すれば、それ自体は通じますよね、その中の話は、ある程度は。

 

でも自分が追い求めてることの本当のところ、核のような部分は、誰かと共有できるものでもないから。

 

本当に、孤独な営みだと思う。

 

 

またどんな時により孤独を感じるかというと、一人でいる時よりも誰かといる時の方が感じる。

 

特に当たり障りのない人と世間話とか、仕事上のコミュニケーションでは、孤独なんて感じない。

大勢の中とか。自分以外がワイワイしてると、孤独だなぁ、と感じる。

そして一番キツイのは、わかってもらいたいな、とか、わかってくれるかな、と期待してる相手と会って話して、全然通じてないんだな、て気がついた時。

 

びっくりするほど孤独を感じることがある。

 

ここ数年で一番、ハッとした瞬間、というか、なんて孤独なのだろう自分は、と感じたのは、

2年くらい前かな、母と話していて、「あ、何も通じてないや...」と気がついた瞬間。

あの時は、本当に深い孤独を感じた

 

私、どこかでやっぱり、母には自分を理解してもらい、

そう思って来たのだろうと思う。

 

愚痴を聞いてもらえる、一番ホッとする相手でいてもらいたかったのだろうと思う。

 

この人はもう、私が見えていない、とフと感じた。

 

そのとき、一瞬の永遠があったような感覚に堕ちたのだけど。

 

いや、初めから見えてなかったのかもしれない。

 

むしろ見えてなかったのは、私の方だったのかも。

 

 

博士課程に進んだ後だっただろうか、

『あなたにそんな才能があるのは本当に分からなかったわ。』と母に半分謝られたことがあるのだけど。

それは別に、構わなかった。知ってたし。学校の勉強や進路に関して何か介入されたことは、全くと言っていいほどなかったし。

私は親に『勉強しなさい』、て一度も言われたことないので。

それどころか、『女の子なんだから・・・』と。そういう家だったから。

 

散々悩んで、やっぱり、生物学に興味あるから、理系に進みたい、て打ち分けた時に、『無理でしょ。』としか言わなかった人に、その辺りのことは何も期待してない。

 

それは、その辺のことはもういい。

 

 

だって、自分の意思で頑張って来て、十年前、二十年前の自分と比べたら驚くほど成長したと思うから。自分でも。

知識が増えたことで世界の見方が変わった。白黒からカラーになったくらい変わった。その点においては、すごく幸せに思う。

 

もともと好きだった生き物のことは、もっと好きになったし。

わかってると思ってることも、また分からなくなったし。

 

世界の美しさにいつも感動してる。

 

不思議が尽きない。

 

こういうことが味わえる人生をもらえて、本当に幸せだと思う。

自分で切り開いた、ということにも誇りを持てる。

 

 

でも、同時に、遠くに来てしまったなぁ、と感じることはある。

 

 

人と、

話が合わない。

 

聴き手になってもらえても。同じ感覚を共有できない。

 

それなら、一人でいる方がいいかな。

 

そう思うことが増えたきがする。

 

本当はちゃんと理解してほしい。

 

私はたぶん、共感してほしい、共有したい、という欲が強い方。

 

誰かにわかってもらいたい、ていつも渇望してる。

 

 

同じように、研究してる人なら自分以外にもいっぱいいるわけで、そこでなら話が合うだろう、と思われるかもしれないが、

そう簡単な話でもなく。もちろん、専門的な話ができる、という意味で話が合う方はいる。

だけど、、、なんて言ったらいいか、利害関係がある場合とか、色々と余計に面倒臭いケースもあって…

 

癒しもないし。

 

 

自分勝手な話だけど。

 

 

 

 

遠くに来てしまったなぁ、と思う。

 

同時に、幼い頃の自分に戻ったようにも思う。

一人遊びをしていた日々とか。

 

 

眼に映るのは忙しそうにしてる母の背中。

 

そうだった。

 

そういえば、

私は、いつも一人だった。

 

 

 

でも最近は、自分は孤独なんだ、と受け入れることができるようになってきた。

探究も、創作活動も、一人の時にしかできないので。

どうしても付きまとうことだし。

 

 

以前の自分は、いや未だにか、

相手に通じてないな、と「壁」を感じると、口を閉ざした。

 

でも、個人にこだわるのではなく、どこかの誰かになら、口を閉ざす必要もないだろう。

誰かは、いつかは、受け取ってくれるかもしれないから。

 

f:id:Madam_toad:20170721124705p:plain