Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

自分は「内向型」なのじゃ!!!

人には「外向型」と「内向型」があって、きっちり分けられるものではないけど、大抵の人はどちらかの傾向が強く、大半の人(75%くらい)は、「外向型」なんだってね。

 

いろんなサイトで紹介してるので、割愛するけど。要するに、

・人と会うことでエネルギーを充電する人→「外向型」

・人と会うことでエネルギーを消費する人→「内向型」

[性格診断] あなたは外向的?内向的? | vonvon

 

というわけで、どうやら自分は「内向型」にあたるようです。

もちろんキッチリ二分できるわけではないし、私にも「外向型」の気質はある(ちな上に貼り付けた[性格診断]では100%内向だった)。

ただ、内向型と言える要素の方が強い。これは間違いないです。人と会ったらその倍の時間は一人で過ごさないと、ダメなタイプ。ここで紹介されてる漫画にも、とても共感します↓

rocketnews24.com

休みの日に一日家で過ごす、という選択肢が考えられない人が多いというのには、衝撃を受けた。

頭疲れないの?と。

じゃなくて、逆なんですね。多くの人には。一人で過ごすとか耐えられない、逆に疲れてしまうわけですな。

 

・・・へぇ。<("A")>

 

自分が人嫌いなのか悩んだりしたけど、そんな気にすることでもないのか。

どうして自分てこんななんだろう、とか、どうして理解者がいないんだろう、とか、どうしてリア充ってあんなgajぎおあ()

 

色々悩んじゃったし。これでも結構辛かったのだけど。

自分がオカシイ、てわけでもなく、自分はそういうタイプなだけ、で。

少数派だから理解者が乏しかったりするだけで、間違ってるとか良くないとか、そういう風に悪く捉えなくてもいいんだ。

 

そう気がつかせてもらえて、良かった。

 

因みに、「内向型・外向型」の提唱者はユングだそうだけど、名前は昔から知ってるわりに、ちゃんと勉強したことはなかった。大学の教養科目としての心理学・認知科学は履修してるけど、詳しく扱ってはいなかったと思う。そもそも学んた内容、ほぼ忘れてるし。

で、以前から興味はあったので、実は去年のちょうど今ぐらいに、始めてユングの本『自我と無意識』を読んだ。

 

すごく面白かった。というかもう、びっくりした。

こういう人を、天才というのだろう!、て。

 

フロイトより読みやすいみたいだし、最近流行ってるアドラーより、日本人向きではないでしょうかね。

アドラーちゃんと読んだことないけど。言説だけはいたるとこで引用されてて、いろんなとこに落ちてるじゃないですか。あれはロジカルでわかりやすいし、日常的にもかなり役にたつ、と思う。

 

ただ、もっと深く、心とはなんだろう、意識とはなんだろう、みたいな問いと向きあってみたいて思う人には、ユングは美味しい、実に味わい深い!

まぁちょっと、イッちゃってる感じも無きにしも非ずだけど。その境界あたりのウヨウヨ感がね、またね、天才を感じさせる。

アァァ....、こりゃ彼にしか到達できなかったろうな、ていう。

 

その後いろいろお弟子さんや(日本人の河合隼雄さんは有名)影響受けた方がユング心理学を発展させてるようで、内向型にはさらに4つのタイプがあるらしいけど。

その辺になると、ますますそんな簡単にカテゴライズできんだろwて感もあり、自分がどこにいるのか、よーわからんです。

karapaia.com

しかしまぁなんていうか、

無茶苦茶頭イイ人って、昔からいるんですよね。そりゃそうだけど(笑)。

まぁ人類の知の限界、てのはだいたいこの辺なんだろうなぁーて、度々思う。

自分がこれまでで、頭良すぎてヤバいなこいつw、て思ったのの筆頭かな?は、ショーペンハウアーだけど。時々、思い出したように読むのだけど。まだちっとも読み終わらんわ(笑)

アルトゥル・ショーペンハウアー - Wikipedia

 

ユング心理学は、まだ解き明かされてない「意識」という「謎」がね。好奇心をくすぐり続けるし。「集合的無意識」とかね。自分的には堪らんです!

まだ自然科学ではなかなか記述できない領域なのだけど、確かに存在する何か、を教えてくれる。

しかし人物的には問題のある人でもあったようで(患者との関係とか)、まぁその辺も天才あるある、なんだけど。

 いえ距離を置いて見てれば、そういう問題のある人でもいいんじゃない?とか言えるけど、同時代に生きてて、もし知り合えることができていたら、私きっとこの人嫌いだったろう、て思う。

 

ま、人間そんなもんですよ。

 

逆に現代で、今の自分が読んで、良かったと思ってる。なんていうか、読むべき時に読めた。なので収穫が大きかったですわ。

 

 

さて。

いずれにしても、社交にしろ、読書にしろ、婚活にしろ自分磨きだなんだにしろ、衣食住を揃えられたからの話、なわけで。

 「内向型・外向型」についても、衣食住を揃えられた後、その次のステージで関わる問題だと思う。

 

現代人って、結局「暇」だから、いろんな問題を作り出してしまうんでしょう。

 

でも、「暇」って素晴らしいよ。絵を描いたり、音楽を奏でたり。「遊べる」ってすごい。幸せな動物だよ。

 

少数派で何かと生きづらい「内向型」だって、考えようによっちゃ、これほど幸せな人間はいないでしょうよ。「一人の時間を楽しめる」なんて。

孤独な時間を、それを自身の思考を深める時間として楽しめるとか、何か創作に没頭できる、てすごいことですよ。

 

しかも現代は、わざわざ出向かなくても、ネットで人と繋がれるしね。必要最低限の社交は、結構ネットで満たされてしまう。内向型を活かしやすい時代、とも言えるかも。

 

そう。

SNSなんかも、私はTwitter好きで、最近は軽い気持ちで楽しめるInstagramもやってるけど、どーもやはりFacebookは合わないんですな。

 

てか、Facebookって、「外向型人間用」SNSでしょ!!!!

 

だって、異様に友達多い人、休日は友達と社交が当たり前な人って、要するに「外向型」でしょ?

 

うわああああああああ!!!!((((< 'A`)>

 

・・・ですわ。

 

 

ネチネチTwitterしてる方が、自分には合ってます。リストで情報収集できるし。呟くときは鍵垢複垢で。仕事に響かんようにな(響いてる可能性大きいけどw)。

 

根暗だからね。人と交わりたいけど交わりたくない、的な。

 

基本、私がSNSでしたいのって、「ヤサグレ」だからね。

 

自分演出したって、バカみたいやん。

弱いものは弱いし。ダメなときはダメだし。出来が悪い自分をそうでないように装うことなんかできない。

 

 

いや私、やっぱ「内向型人間」でよかったと思う。

 

もっと、人付き合い悪くしてくわ。いっそどんどん捻くれて。。。

 

どんどんどんどんd!!!!

 

 

いよいよ誰か恨めしくなったら、youtubeで抗議するとかね。

 

ゲー、面倒臭っ。

私、人にそんな興味ないから。そこまで頑張れる自信ないや。

訴訟にしろ、殺人にしろ、よくずっと恨めるなぁ、と。そのエネルギーを尊敬しちゃう。

腹がたっても、美味しいもの食べると、だいたい忘れちゃう。

絶対忘れんぞ!ってくらい凄く腹がたっても、カエルの産卵とか大きなイベントこなしてるうちに、何に対して腹が立ってたのかも、だんだんわからなくなっちゃう。

 

苦手な人と対峙するのって、それだけで疲れるし。面倒臭い。

 

 

 

 

今日も「暇」があれば、自分と向き合っちゃう。

f:id:Madam_toad:20170723151109p:plain

やっぱり「問い」と向き合うのが、一番楽しい。

 

 

自我と無意識 (レグルス文庫)

自我と無意識 (レグルス文庫)