Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

泣き虫boyクー介。

夜中に『クーーーッ!』て悲鳴が聞こえるから

なんだと思ったら、

クー介が鳴いてた。というか泣いていた・・・。

 

f:id:Madam_toad:20170727234021j:plain

ヒキガエルって雄しか鳴かない。そもそも、滅多に鳴かない。

よく鳴き声を聞けるのは、繁殖の時。

カエル合戦で、雄が雄に乗っかっちゃうと、下の雄が「自分は雄だよ!どいて〜〜!」って、リリースコーリングをする。

あとは、先に池についた雄が「クックックックッ!」と小さな声で鳴いて、メスを呼んだり。それに呼応するように、近くの雄も「クックックック!」て鳴き出したり。

 

ご存知ない方多いかもしれないけど、

そりゃあ可愛い声なんですよ。ヒキガエルの声は。

高いピッチでクックック!てね。

あの姿からは想像しづらい、可愛い声!

 

さて。

うちには今、雄が4匹と雌が2匹いて、そのうち3匹は大型のニホンヒキガエル(ヨシ子さんとヨシ人くんユキ夫くん)、あとの3匹は小ぶりの東京の子で、ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルの混血系統(これは私の研究成果で記事にもなってるのでググると出てくる、と思うけどやっぱ研究についての自分のサイトは作るべきだよな、と思った)。

 

クー介は東京の子のうちの一人で、現メンバーで一番ちっこい。

あんまりクークー鳴くので、クー介って名付けた。ついでにクー介の元カノ(繁殖ペア)はクー子にした。あともう一方の雄はとても静かだから、とりあえずシズ男で。

本当は東京の三人、いえ3匹は、もうリリースするつもりだったのだけど、タイミングを逃してしまった。

それとあまりに泣き虫のクー介が面白いので、

もうちょっと一緒に居ようかな、と思ってる。

 

それで、

上に書いたように、平常時は、雄もそんなに鳴かない。その証拠というか、クー介以外の雄はほとんど鳴かない。

もちろん、鳴くこともある。ただし、理由がある。

クック!て鳴いてる時は、ほぼ間違いなく、他の個体に乗っかられた時、つまり「どいて!」ていってる時。

 

他のカエル類はよく鳴いてるけど、あれも雄の「なわばりアピール」。

つまり、鳴くには「理由」があるのだ。

 

ところが、

うちでは今、よく分からない事態が発生している。

クー介が、なんで鳴いてるのか分からないのだ。

夜中の『クぅううーーーー!』という悲鳴に、何があったのかと驚いた私は、急いでカエルの部屋を覗くと、

・・・何も起こってない。

 誰もクー介に重なって乗っかったりしてない。

カエル部屋(というか衣装ケース)は男の子部屋と女の子部屋、と分けてはいるが、これは別に厳密なものではなく、今は男の子の方が多い状況なので、結構適当になってる。

特にクー介の場合は、あんまりしょっちゅう鳴くので、他の大きなニホンヒキ男子と同じところじゃない方がいいかな?と思って女の子部屋にいれてみたり、行ったり来たり状態だ。

ただ、初めこそ、クー介が鳴いてるのは他の大きな雄に乗っかられて困ってるから?と思っていたが、

そういうケースは見た限り、ほとんどなかった。

 

正直、

クー介が『クぅ〜!』て鳴く原因が、よく分からない。

歩きながら鳴いてる時もあれば、シェルター(寝床)に入りながら鳴いてる時もある。

こんなに理由もなく(あるのかもしれないけどこちらには分からない)鳴く個体は初めて会った。

 

ちなみに、

人間に捕まえられても「クックぅ!」て鳴く。雌だと声にならない感じで息で鳴く。

だから野外でヒキガエルを見つけたとき、捕まえて鳴いたら雄、静かなら雌、と判断できる。

もちろん、うちの中にいてもそれは同じで、クー介以外も、ヨシ人もユキ夫も、私がガシ!て持ち上げると鳴く。怒った感じで。

でも声がいちばん大きいのは、いちばん体の小さいクー介なのだ。

 

そして、クー介は捕まえられてなくとも鳴く。

寂しいの?周りに他のカエルがいても?

それとも単なる癖?

もうね、泣き虫としか思えない。

 

私の膝の上を歩きながら鳴く(笑)↓


泣き虫boyクー介。 Crier Toad

 

どうしてだろう?

クー介なりの、理由があるのかなぁ・・・?

正直、分からない。

これまで名前をつけて、長期的(1年以上)に飼育したヒキガエルは、11匹ほど?

だけど、まだよく分からない。

何しろ、彼らには「個性」があるから。

いやもうね、これには私も大変驚きましたわ。

失礼ながら、カエルに性格というものがあるとは、、、

同じ種類の中で、よ??

 

雄と雌との差と、個体差、

あります、あります、本当に。ヒト並みにあるのかもしれない、ってくらい・・・

 

これがいちばんの発見かもしれない。カエルの「パーソナリティ」。

動物を飼うっていうのは、本当に驚きの発見。

 

クー介という泣き虫との出会いも、

幸運に思う。

 

今夜も泣くのかな・・・

 

トゥロッシュ パペット電子楽器 コケロミン・ライム3 PM103KLM

トゥロッシュ パペット電子楽器 コケロミン・ライム3 PM103KLM