Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

あぁぁ...論文やんなきゃ。

いつまでもダラダラやってないでやることやれよー!自分!!!

 

論文が査読から帰ってきたから、対応しないとーー!!うげぇxwxw!!

再投稿してイイよ、ていうのにちゃんと応えないのいけないぞー!

 

厳しくともたくさんコメントあると、すごくありがたいなぁ、と思う。

正直、私より深く理解してくれてるのではないかと思えるものもある。

海の向こうのレビュアーに感謝!(<ボランティアですからね。)

 

というか、私理解してんのかな?自分で書いておいて。自分のやったこと。

そんなこと言ったら怒られちゃうけど(笑)

 

今までの論文もそれなりに面倒だったけど、

今回はそもそも、データをまとめて1本にの論文にするのが本当に難しかったし。背景や主張から、内容が玄人向けで議論を呼びやすいというか、、、ヒィィって感じで

 

頭痛い・・・

夏バテ脳では対処できないわー・・・

 

内容自体は博士課程の時の実験内容だから、ほんと早くオサラバしたいんだけど。

 

問題提起というか、この課題は続くんだよねー・・・

ライフワークだろう。

 

 

元々は、進化はまだしも行動関連はあまりやりたくなかった。というか、興味はとても強いが、

自分には向いてないと思った。いや今でも思ってる。向いてないよな、て。

 

必ずこの問題、科学的整合性が低い、因果関係がわからないという問題で、自分は苦しむだろう、てわかってたから。

そしてそれを払拭できるほどの賢さは、自分にはないと思うから。

 

アホなのに、無理して複雑系の現象を扱ってるの。自己責任とはいえ、ほんと辛い。

アホだけどやれてるっていうのも分野バカにしてるみたいで嫌だが。

 

ただ創造性を活かせる、て意味ではいい分野だと思う。

 

そういう意味では、「どうじゃ!真似できんだろうッ!」という自負がちょっともてる美味しさはある。

 

 

マクロはまだまだブルーオーシャンだよ、ていうことは、近い将来伝えられたらいいんだけどねー・・・。

 

まぁ、挫折に終わったとしても、

私の屍を越えていってくれればいいわけだし(笑)

 

も少し気楽に構えるか!

f:id:Madam_toad:20170806200838p:plain