Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

「科学番組」「動物ドキュメンタリー」のレベル低下について。

地上波の話です。

 

選びようがなかった時代と違い、CS放送、インターネット始め、選べる時代となった。だから仕方ないとは思う。

 

にしても、

残念。

 

NHKでさえ著しい。レベル云々以前に、放送時間が削減されていることが、まず嘆かわしい。加えてタレント登用とか。興ざめすぎる。

他の民放については、見る価値はないだろう。というか観ない方がよほどいい、てくらいひどい。

 

なんの知識もない、ばかタレントがキャーキャー言いながら動物を虐待してるだけのクソみたいな内容。真っ当な研究者ほど忙しくて対応しないので、出てくるのはタレント気取りのなんちゃって系ばかり。ほぼ野ざらし

 

その結果、敷居の低い地上波ほど「骨太系科学番組」は減り、同時にそれを装う「悪質なエセ科学」はのさばった。皮肉な話である。

 

そうして、どんどん科学者と一般の人との距離の溝は深まった。

 

お互い、「声」を知らないで生きている。

 

その結果、

階層の、社会の「分断化」が進んでいく。

 

これは、私は個人的にかなりの深刻な事態と感じている。

 

 

今の時代、トリビア的な知識ほど価値の低いものはない。なぜなら「ググれ」ばいいからだ。

 

専門家として価値が出るのは、ググっただけではたどり着けない情報、またはその「情報の取捨選択」、「解釈」、「体系化」、そしてそれに裏打ちされた「自分自身の言葉」によるコメントだろう。

 

しかしこれはハードルが低く見えて実は非常に高い。にもかかわらず一般の人にはその「差」あるいは「質」が判定しづらい。なぜなら最終的なアウトプットであるコメントそのものは、誰でもできるからだ。

 

まっさらな聞き手ほど、コメント内容の専門性などそっちのけで、そのタレントが好きだとか、東大卒だからとか、印象だけでその人の言葉を丸々鵜呑みにしてしまうのだ。

 

 

 

知識をさらに自身の中で消化し昇華し、体系化できたからこそ、難しいことを噛み砕いて易しい言葉に翻訳して、つまり血や肉にしたからこそ、一般の人に伝える力を持つ。

 

今の地上波TVに、そういう深い文化を伝える力は、ほとんどないのではないだろうか?

 

というか、

いち早くそれを察知してる家庭は、とっくにCS放送、またネットに流れているのだろう。

 

ディスカバリーチャンネルヒストリーチャンネルアニマルプラネットに、好きな人間、オタクな人間に応えてくれる番組ならそっちの方がよほどある。

しかしこれらは、有料だ。その上、親にその情報をキャッチできる文化資産がなければ、子供は触れる機会が与えられない

 

だからこそ、懸念を感じる。

 

 

これは私自身の経験からの本気の訴えです。というか、私は恵まれていたから、ここまでこれた、と思うから。

 

 

 

 

病気で大学を中退した後、しばらくフリーターみたいな生活をしていた私に、理系の世界に戻りたいな、もう一度頑張ろうかな、という気を持つキッカケとなり、今に至る影響を与えたのは、CSで放送していたBBCの科学ドキュメンタリーだ。

それはどれもものすごく良質で、とてもレベルの高い内容だった。小中高生のころ没頭した「NHKスペシャル」を上回っているものばかりだった。夜更かしして没頭して観ていたことが何度もある。

 

そしてこれはある意味ちょっとしたカルチャーショックだった。

 

なぜなら「次元」が違っていたから。

世界の学生は幼い頃からこのレベルに触れているのか・・・と。

 

映像作品の作り手は研究者ではない。だが同じ文化「=自然科学への愛」を共有していたのだ。

 

 

 

親が研究者でなくとも、その才能を持った子供はいるはずでしょう。

 

昔なら、小さな農村の学校の先生でも、目をみはるほどの優秀な生徒がいれば、高等教育を得る機会を応援してくれた。

実際、昔の方が実力社会だったという見方は結構あります。親以外の地域の大人が、子供の才能を監視してくれたし、教師は尊敬を得ていたからです。

 

しかし今は違う。

 

現代社会特有の事情で、子供の「可能性」が摘まれていたら、本当に残念に思う。

 

 

 

 

 

私は4人兄弟の中で唯一理系に進み、唯一大学院行って博士号を取得した。

家族の誰も、それを応援したわけでもなく、そう導いたわけでもありません。

 

両親は多忙でしたし、何より私もいわゆる勉強エリートではなかったから。またそれ以前に「女の子」だったから。保守的な家庭内で、気づいてもらえなかったのでしょう。

 

そんな私を今に導いてくれたものの大きなキッカケの一つが、NHKスペシャルで放映された「アインシュタインロマン」。

誰彼構わず鑑賞できたTV番組で、私は異次元に連れてかれたような感動を覚えた。

 

アインシュタインロマン - Wikipedia

 

 

こんなワクワクする世界があるのか!と。

 

純粋に、知的好奇心が揺さぶられた。

 

他にも、いろんな「科学番組」「動物ドキュメンタリー」が私を育ててくれた。

 

それは。必死に検索したから探し出せるものではなく、日常の何気ない一コマの中で、いつも通りスイッチをつけたら放送していた、あるいはその番宣をみることができた、興味をそそられたからだ。

 

 

しかしその環境は今、現代の子に平等に与えられてるのだろうか?

 

これによく疑問を感じる。

 

 

ネットで選択肢は増えたようで、世界は広がっていないように思う。

 

親が介入しすぎることで、逆に子供の世界が奪われているようにも感じてしまう。

 

 

親とは違う世界で生きる、勝負するチャンスを、子供達から「親の知らない世界を知る機会」を、どうか奪わないでほしい。

 

 

これ以上、分断化が進むのは、本当にいやなので。

 

親が与えなくとも、公共のサービスで誰にでも平等に触れらる機会のある「知的財産・文化資産」を、どうか、どうか無くさないでほしい。

 

 

 

ちょっとした願いです。

 

 

ですが、

私はこれは非常に重要に思います。「社会」とは、そうでなければ意味がないし、存在価値そのものが問われるのではないだろうか。

 

 

誰でも自然とアクセスできる、というものにこそ、真に良質なものを提供し続けてほしい。

確かに、そんなものには短期的な成果は見込めないだろう。金にならないだろうと思う。だからこそ、公共性にこそ「質」を死守してもらいたいと願う。

 

 

以上、

雑記です。

 

BBCドキュメント100シリーズ プライベート・ライフ・オブ・プランツ/植物の世界 DVD-BOX

BBCドキュメント100シリーズ プライベート・ライフ・オブ・プランツ/植物の世界 DVD-BOX

 

 

 

フューチャー・イズ・ワイルドDVD-BOX【完全版】

フューチャー・イズ・ワイルドDVD-BOX【完全版】