Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

自分で自分を幸せにしてあげる。

時々、自分で自分をより不幸に追い込んでいるような時がある。

 

思い込みが強い自分は

自分で決めたことが、いつの間にか呪縛になってしまって

 

【〇〇でなければいけない】

 

そう思い込んでいる状態になっている時がある。

 

ある条件をクリアしないと、

自分は幸せではない、生きてる価値もない

そんな想いに取り憑かれているような状態。

 

とにかく一心不乱になって、その条件をクリアするために、倒れるまで頑張ってしまったり

気が済むまで思い詰めたり、、、

 

そんな風にして

自分自身をおろそかにしている時がある。

 

元々は

自分の幸せのため、

を出発点にしたことだったろうに。

 

「出来ない=不幸」

と思い込みすぎて

 

失敗続きでも止めどきがわからなくなっているのだ。

 

 

「撤退の美学」

という言葉がある。

それくらい、私たちは撤退が苦手なのだ。

 

「止める=負け」

と思い込んでしまってるのも

よくない。

 

 

日本人的な悪い思考の癖、とも言えるだろう。

自分には良く当てはまる。

「やりすぎ」

「思い込みすぎ」

「精神論に頼りすぎ」

「責任の取り方が極端すぎ(最悪自殺)」

 

これ、どうにかすべきだ。

 

 

そして常に根底にある不安。

自分は幸せになってはいけないんではないか?

という思い込み。

それを打ち消したいがための「やりすぎ」。

 

 

これでは

自分も周りも、誰も幸せにならない。

 

 

そもそも、

そんな条件、幸せには要らないのに。

 

そもそも、それは本当に価値のあることなのか?

 

突き詰めると、

それは結局

 

世間の「常識」

 

それ以上でもそれ以下でもない価値観だったりする。

 

 

その「常識」は今まで自分に何かしてくれたか?

自分を幸せにしてくれたことがあったか?

 

 

「諦める」とは、「明らかにする」こと、ともいう。

 

f:id:Madam_toad:20171221220121p:plain

 

どうして怠ってしまってきたんだろう、

自分で自分を幸せにしてあげることを。