Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

心の帰還を目指す旅。

時の流れとはいえ、

なんだこの不公平感は…と

 

モヤモヤがないと言ったら嘘になる。

 

 

しかしつまるところ

人は誰しも、本来孤独なものだ。

 

 

 

思い出すのは、今はもうない、幼い日の風景。

 

 

 

私が見た、私の記憶のなかの故郷は、今はもう存在しない。

 

同じ記憶を持つものもいない。

 

初めから一人だった気はする。

 

 

ただ、初めは、始まりには「場所」があった。

それは今はもう、私の心の中にしかない。

 

心象風景と言うのだろうか。

 

私の場所だ。

 

そうだ、

私はあそこに行かないといけない。あの場所を目指すのがこれからの自分の課題なのだと、フと、感じた。

 

これから、

人生後半戦、

 

あの場所を目指す旅、心の帰還に向けた旅が始まったのだ。

 

 

これから私は、

私の愛するこの心象風景を目指し、歩き続けることになるだろう。

 

 

記憶の中の故郷と同様、人生で起こることはすべて幻のようなものだと思っている。

 

だから目標の地も、また幻でいいのだ。

 

それでも歩き続けたい。

 

 

 歩き続けよう。

 探し続けよう。

 

 

いつか辿り着くまで。 

f:id:Madam_toad:20171218163449j:plain