Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

「寂しい」だとか「老後が心配」だとかさー。。。

ぐちぐち言ってる割に人のことを斜め上から批判してるので(無自覚なのかしらんが)

本当に辟易としてしまったわ。。。

 

いまだに、女の幸せ()とかいうセリフ吐くのいるんだなーていうか。昭和にトリップしてきちゃったよw

 

要するに

『お前だって寂しいはずだろう?』

『それには男性が必要なはずだろう?』

てのを肯定してもらって、自分を慰めたいのだろうけど。

 

・・・頭が悪いんでしょうねぇ。

 

「頭の良さ」とは「自分自身への理解度」だと思う私は

別に何をしてようがいくら稼いでようがどんな経歴だろうが、自身の役割をしっかり受け止めて毎日を生きてる人は、賢いと思う。

 

そういう自分を受け入れている方、大人は、自分への誇りも持っているから、余裕があり、他人を不快にさせるようなことはまずしない。

 

反対に、自分に自信がない精神的ガキって、

『相手は自分より不幸なはずだ』

という目線で必死に 、「自分だって...」をやる。いい歳こいてね。

 

いやいい歳になっちゃったから、そうなのかも。

 

「若い時に夢みてた自分」とは程遠い「現実」が辛いんでしょうね。

 

 

だけど、それ全て「結果」じゃないですか。

 

「現実」が「結果」でしょ!

 

自身がこれまでしてきたことが跳ね返って、いま「現実」として突きつけられてるだけでしょ!!

 

 

逆に、そんなに不安でその「現実」を受け入れられないなら、

なぜ、自分を改善しようとしないのだろう?

 

 

まずは、自分を見つめて、客観的に分析して欲しいわ。

まずは自分を受け入れることから。

 

人に受け入れてもらう前に、自分で自分を受け入れないと。

 

それができない人に、RESTARTがきれるわけないよなー・・・

ていうか、、、

 

人ってその気にさえなれば、幾つになってもやり直せるし、学べるし、そもそも体型、食生活からして改善できるわけで、

 

細胞単位で考えたら、日々生まれ変わってるんだぞ私たちは!

 

 

不安の原因を他人で埋めようとしてても解決しないのにね。つか依存してこられる側の他人の気持ち考えろよー...だし。

 

 

 

 

それにしても、

若い頃はそれほど感じなかった個人の差が、

年取ってくると、残酷な感じで出ますね。

 

挫折を乗り越えた人とそこでダメになった人、そもそも挫折も知らない人、、、

 

何がその人の運命を変えるかわからんなぁ。。。

 

 

 

しかしまー

そう勉強させてもらったって意味では、

2度と会いたくないような不快な方と食事してしまったってのも、事故にあったと思うより、

 

一つ学ばせてもらった!と考えれば、

時間の無駄だったとも言い切れないか。

 

 

 

そうだよね

 

人の振り見て我が振り直そう!

 

 

そーだそだーだ

 

よし

頑張ろっと。

 

f:id:Madam_toad:20180121110007p:plain