Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

カエル LOVE ❤️

 春ですのぅ。。。

 

今年、2018年のカエル合戦も、都内はほぼ終了したようで。

 

うちの実家、調布の某所でも3月初旬に一気に盛り上がっていたようで。

昔に比べたらもだいぶ減りましたけどね。まだ二桁からのカップルが産卵しに来てくれるのは、ありがたい話。

 

これは、雌4、5匹分かな?↓

f:id:Madam_toad:20180319160235p:plain(2018年3月7日撮影)

卵塊と呼ばれますが、ヒキガエルのそれは紐状で、大型の個体だと左右の卵巣から2本づつ棒状の数千個からの未受精卵の詰まった紐を、産みだします。

そこに背中に乗っかって抱きついてる雄(専門用語でいう"抱接"amplexus)が放精するわけです。

 

そう、※交尾はしてません!!!!

f:id:Madam_toad:20180319162436p:plain(2014年3月撮影)

よく、誤解されるけど、"入ってない"から!!!!f:id:Madam_toad:20180319173829p:plain(2015年4月撮影)

 

 

 

 

f:id:Madam_toad:20180319161844p:plain(2018年3月7日撮影)

↑コレは、カップルにもう一匹の雄が無理やり絡んでる様子。左のはその間男?のケツですね(専門的に雄による"ハラスメント"と言われます。そう、harassment!!)。

f:id:Madam_toad:20180319174051p:plain(2009年3月撮影)

ヒキガエルの繁殖風景ではよくあること。...微笑ましい光景ですね❤️

 

あーまぁそのもっとその、すごいことになることも珍しくなく、

例えば↓4、5匹の雄が集ってたり

f:id:Madam_toad:20180319175140p:plain(2009年3月撮影)

 

コレ↓なんかさらにヤバイver.というかもーどうなってんのかわかりませんが❤️、中心部にメスがいます。場所は調布じゃなく駒場で。ここではかつて500以上の個体による壮大な「カエル合戦」が観察されました。 

f:id:Madam_toad:20180319174339p:plain(2015年2月撮影)

 

 

 

ところで、

 

なんで1匹の雌に対し、多くの雄が集るのか?

て疑問が湧くかもしれません。

 

がそれは、雄が余ってるからです。

だいたい、雌雄比でいうと、雌:雄 = 1:3 〜 5 くらい。

 

なんで?? かといいますと〜、、、

雌の個体数が雄に比べもともと少ないのではなく、

「婚活への参加比」によるものです(専門的には"実効性比 = operational sex ratio"という)。

これには大きく分けて2つの要因があり:

まず第一に、性成熟に至るまでが、雌の方が時間がかかるから。平均して雄が3年に対し、雌が4年と、雌の方が生殖可能になるまでの時間がかかるようです。

そして第二に、生殖の頻度です。産卵に来るのが隔年で、産卵を終えれば池から去っていく雌。コレにに対し、毎年池にやって来て、滞在日数も長い雄非モテはチャンスを狙いづつけるし、強い雄は1匹以上の雌とカップリング可能、つまり時間差一夫多妻を狙える)。池にくるのは、雌は2年に1度、一晩。雄は毎年、数日〜10日ぐらい。そんな感じでしょうか。

 

なので、婚活会場では常に雌不足。それで、「カエル合戦」が起こるわけです。

 

そう、ヒキガエルの婚活会場では、常に女の子が不足してます。まぁ、人間含め、基本的に、動物界はそういうもん。

要するに、卵に対し精子は余ってる。それだけ。余ってる方は競争が強くなる。だから雌間競争より雄間競争は強い傾向にある。...しかし、争いにはコストがつきまとう。なので!!雄側もそれを避ける機構も進化させてたりして...またそこが非常に面白いのだけど。今回はそこまで言及しません。

 

 

 

で、その「カエル合戦」では

 

ときおり、死者が出ます

 

雄同士の争いに巻き込まれた雌が、溺れ死んでしまうことがちょくちょく・・・・

 

かわいそうに。

 

 

先日も、立ち寄った都内某所の池で、ご遺体がありました。

幸い、管理人さんとお話しでき(実は挙動不審な私への注意喚起がキッカケw)

回収を頼まれたので、彼女を弔うことができました。

f:id:Madam_toad:20180319171746p:plain

 

f:id:Madam_toad:20180319171652p:plain

産卵中に、絶命してしまったみたい。

かわいそうだなぁと思うけど。雄の方もわざとじゃないから、仕方ないといえば仕方ないことで.......激しい「カエル合戦」だったのでしょう。

 

 

 

安らかに眠ってください。

 

 

 

 

f:id:Madam_toad:20180319160402p:plain

 

 

 

 

 

参考文献

ヒキガエルの生物学 (1987). 浦野明央・石原勝敏 編著 裳華房

Hase, K., & Shimada, M. (2014). Female polyandry and size-assortative mating in isolated local populations of the Japanese common toad Bufo japonicus. Biological journal of the Linnean Society, 113(1), 236-242.