Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

私たちを隔てるものって一体なんなんだろうか。

生まれた場所だろうか

 

家柄だろうか

 

見た目だろうか

 

教育だろうか

 

 

すれ違う人と挨拶するなら

「おはよう」「こんにちは」「お天気いいですね」 或いは「すみません」、、、

 

では、その人たちと込み入った話題ができるか?、つまり、友人関係を築けるか?

といえば

やはりある程度限られてくるだろうと思う。

 

 

お互い過剰に気を使わないですむ相手、

てどういう相手かというと、

 

性格が合う、共通の趣味がある、地元が同じ、

自分と「同じ何か」を持ってる感じがあれば、打ち解けやすい

 

ただ実はそれって

経験で変わってくる部分、でもあって

 

つまり、年をとると変化する。

 

 

旧友なんかでも、学生の頃にはたくさんあった共通の話題も

その後の進路が違ってしまえば、本当に乏しくなる。

 

悲しいけど、やはり、高卒と大卒が最初の大きな分かれ道だと思う。

別に大学に行けばいいという話ではないし、人によっては独学でとか、若いときに起業して成功してしまうような超すごい人もいる。

だけどそれは、稀な話。例外を挙げてもほとんどの人には関係ないわけで。。。

 

大抵の人間はそんな天才ではない、凡人なので。

 

残念ながら、生まれながらの才能云々より

「通った道」で差が開いてく。

 

 

そしてこの差は歳をとるほど広がってく気がする。

 

 

収入の差、というのもあるけど

稼げる稼げないの問題以上に、身についたものの「差」が、中年になると大きな隔たりを生むようにおもう。

 

 

もともと、そこまでではなかった小さな差、周りのアドバイスの有無とか、親の理解とか、心を揺さぶられるような感動との出会いとか、

そんな本当に本人とは関係ないところの差で、ちょっとしたキッカケの差で

 

未来が大きく変わっていく。

 

 

 

「学ぶ」

「経験を積む」

 

 

私たちを「隔てる」もの

そんなものは本来なかったはずなのに。

 

後天的に作られていく。

 

 

 

 

 

親の学歴を超えない世帯も増えてるらしい。 

 

 

 

同じ街に住んでいても、同じ電車に乗っていても、同じ服を着ていても、

見ている情報が、違う。

 

つまり、生きてる世界が、違う。

 

同じ時代なのに。

 

 

この20年くらいで起こった一番の変化は、これ、

格差の固定化だと思う。

 

 

 

 

お互いが見えない。

 

 

忘れてしまったのかもしれない。

 

 

 

f:id:Madam_toad:20180617094235p:plain