Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

ウィトゲンシュタイン先生ェぇ...(ヒョえぇ〜!)

もともと悩んでたけど

PD生活になってから、ますます"言語コミュニケーション"がわからないというか、

言語が信用できない!となってきてるので、、、

 

連休使ってちょっと哲学してた。具体的には、kindle版で出てたので以前から気になってた「論理哲学論考」「青色本」を読んだ。

 

ヤバかった。

 

超難しい。というか理解が追いつきようがない。惹かれるけど、わからない。

解説を読むと少し、わかる気がしてくるけど、

やはりまだわからないところが大半。

 

そりゃそーだ。哲学の素人にこんな難しいものがわかるわけがない。

 

それでも、悩みの根元にやっぱり共感してしまう。

 

 

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン - Wikipedia

wikiによると、ウィトゲンしゅたいん先生はお姉さんの勧めでショーペンハウエルの「意志と表象としての世界」を読んでいて、どうやらそれが唯一読破した哲学書らしく、確かに、親和性はあるなぁ、、、と思った。自分も好きな哲学書だから。けどこっちはさらに理系向きというか、基礎数学論とか論理学とか齧ってないとほぼ読めんでしょう。

 

なんつーかもう、究極のロジカルシンキング??

理数系の天才が極限まで真剣に哲学したら、こーなるんでしょうか???

 

 

「論考」は超絶難解ではあるけど、確かに、

妙に惹き込まれる。

 

 -----

・世界は成立していることがらの総体である。

 有名な?冒頭の文ですが。ほんと力強い!

 

 ほか好きなセリフは:

・思考は言語で偽装する。人間は、各々の語が何をどのように指示しているかに全く無頓着でも、あらゆる意味を表現しうる言語を構成する力を持っている。

 

・他の自然科学の仮説に比してダーウィンの理論がより哲学と関係するということはない。

 

トートロジーは何も語らない。矛盾はいわば全命題の外側に消え去り、トートロジーは全命題の内側に消え去る。矛盾は諸命題の外側の限界であり、トートロジーはその空虚な中心点である。

 

・世界と生は一つである。私は私の世界である。

 

・神秘とは、世界がいかにあるかではなく、世界があるというそのことである。

 

・謎は存在しない。

 

そして締めがまた痺れる!:

・語りえぬものについては、沈黙せねばならない。

 

 -----

 

妙な、いわば狂気に近い神に近いとでもいうか

異様な魅力を放つ本。

 

青色本は正式な本ではなく講義ノートを起こしたものだそうで、文体も読みやすく、わかりやすくなってますけど。

ほーほー〜ー、て読めても、やはりついてくのはそんな易しいものではないですね。

どのみち自分がわかるのはあくまで表層だけど、なんというか、天才が悩んでるのを追えるのが楽しいっwというか、

基本的な言語への反骨姿勢というか、認知への問いかけ、それが好きです。

 

 

 

昔(中学生くらいの頃かな)、母相手に問答してた自分の姿を思い出したわー・・・

 

『私が見てる世界と、他人、例えばお母さんが見てる世界が同じである保障ってないよね?』

『同じ色を「赤」と言ってるかわからないよね。』

 

そういう不思議ちゃんトーク、よくやってた。

もちろん、独我論はおろか、ただの一冊も哲学書など読んだ事はない、あくまで妄想からきたセリフです。ただし、何かに影響されてたのはあるでしょう。漫画とか。

そうであっても、自分自身でこういう問いを起こすのは、今になって振り返ると、我ながらすごいな、てちょっと思う(久々の自画自賛w)

 

 

とにかく、

自分は、そういう人間だったから。

 

中年になって突然哲学に目覚めたというより、暇なおかげ?で、元々の自分に立ち返ってきてるように感じます。

 

 

 

若い頃、いや最近まで、

変に目立ちたくもないし、必要以上に個性的でいたくもないし、周りに溶け込んでいたい、変な人でいたくない!普通の幸せが欲しい!!

て。本当に思ってきたのだけど。

 

10代と20代の終わりに精神科に入院したりして、いろいろと諦めざるを得ない、自分としては悔しく遣る瀬ない思いを抱え込んで、

 

まぁ、いろいろアレな人生の前半を過ごしてきたわけですけど。

 

近頃だいぶ、良い意味でも、諦めがついたというか、

どう頑張っても、変なところは変なままで、おそらく直せないというか治せない。

 

寧ろ、あるがままの私を邁進したほうが、もしかしたら、世の中の役に立てるかもしれないし、

理解者、受け入れてくれる人に会えるかもしれない。

 

 

・・・うん。

 

やっぱり、内的世界にいる方が楽しい。

人嫌いなわけではないけど。。。とにかく、合わない人と過ごしても楽しくない。

 

本読んで妄想してる方が楽しい。

 

 

 

時間をおいてまた読もう。

あと他の本も。他の気になる人の本も。

 

 

次はどの哲学書にしよっかな♪

 

 

 

それにしても

ウィトゲンシュタインしぇんしぇぇェ.........

 

 

しぇxえぇ........

 

 

 

論理哲学論考 (岩波文庫)

論理哲学論考 (岩波文庫)

 
青色本 (ちくま学芸文庫)

青色本 (ちくま学芸文庫)