Madam_toad’s blog

カエルを材料に進化生態学の研究をしている変わり者の独り言です。

「生産性」はございませんので。。。

産まれてスミマセン、としか言えませんねぇ。。。

 

ほんと、最近はよく、なんで自分みたいなのが産まれちゃったんだろうなぁ、て

毎日一回くらいは思いますね。

 

そもそも、4兄姉の末っ子とか産まれた時からみそっかす、一家の余剰品みたいなもんだし。 

まぁ過去のこと、不満を語り出したらキリがないし、恨み辛みを語ったところで何も良いことがないので。そういうのは流石に自制するけど。

 

 それにしても

 

『お前の存在には価値がない』

 

て他人に言われなきゃならない、てどういうこと???

て思う。

 

はっきり言って、これ以上の「暴力」はないでしょう。

 

すごい殺傷能力の高いセリフだと思う。

 

もともと落ち込んでる状態だと、本当にグサッとくる。

 

もちろん、気にしなきゃいい、無知の低脳が垂れ流した戯れ言になど反応しなきゃいいのだけど。

 

・・・まぁ、反応しちゃうってのは、

要するに、心のどこかで気にしてることでもある訳なんですよ、当人が。

 

自分って、生きる価値あんのかな、、、って

 

私は、だから毎日のように思ってますよ。

口に出すことではないし、んなこと吐けるほど気心が知れた親友などいないし。

ていうか、普通の幸せを手にしてる人たちからしたら、ドン引きでしょ。重すぎだし。

 

下手に憐れんだ目で見られたら、こっちはもっと落ち込むしね。

 

修復不可能になる。

 

 

じゃあ黙って死んでみるか?寿命を待たずに。

 

仕返しに自殺するのはどうだろう。

 

私はこれも立派な暴力だと思う。

 

「生きる価値がないので、死にます。」

このメッセージって、つまり復讐ですよね、社会への。そして同時に、肯定してることになる。そして似た境遇にある人に対して、死への後押しをすることにもなる。

 

自分への暴力は、他人への暴力と紙一重、というか殆ど同じ行為と思う。

 

 

 

そして

「生産性がない」と他人を責める人は、おそらく幸せじゃない、自分に自信がない不幸な人だと思うけど。

 

これに対して、「それはおかしい!」て抗議すること事態がもう、、、

 

あまりにも、アホくさいというか、本来は、そもそも「生産性」とはなんぞやみたいな話まで広げて、

 

「じゃあ、生きる意味って何さ!?」

 

てここに行き着いて初めて実のある議論になるのでしょうが。残念ながら大多数の人がそんな深くモノゴトを考えたいわけがなく。そもそも、そんな知的耐性がない鈍感さこそが、正に発信側やマスコミの強みでしょう。自覚してないだろうけど。

 

 

結果、

放った言葉の暴力性だけが一人歩きする。

 

 

ほんと哀しい。

 

 

 

人生は難しい。人間として生きようとすると。

 

 

 

「生産性がなくて申し訳ありません」、

て頭下げて毎日生きないといけないんでしょうかね。

 

 

せめて、いい仕事ができればって思うけど。

役にたたない研究してる上に、論文生産性も低くて。

かなりどうしようもない感じ・・・

 

 

 

確かに私は、

 

誰の役にも立ってない。

 

 

 

やっぱり、

生産性のない自分みたいなのは、生きてちゃマズイんだろうかなぁ、、、

 

しかしそれを認めたら、

それこそ言葉の暴力に屈したことになるから

 

やはり、絶対に受け入れてはいけない言葉だと思う。

 

 

また同時に、反論も一切すべきでない。

なぜなら上述したように、そもそも相手に知性がない、対話不可能だから。

どんな「私はそうじゃない(生産性がある)」という反論も、全て良くない。そこに当てはまらない(と考えてしまう)誰かを追い詰めるだけだから。発信力のある人はそこまで想像すべき。

 

自分もこれが最初で最後。

 

 

二度とこの話はしない。

 

 

f:id:Madam_toad:20180922123134p:plain