Madam toad's blog

オカシイのは私ではなく、この世界。

毎日「N国党」をYouTubeで見た結果、

立花孝志さんのこと好きなっちゃったよ!!!

 

 

いやいや、

例の政見放送を見たとき、うwわヤバイ泡沫候補出てきた!!と。

まず気に入りましたよ。面白くて。

だって

以前から私は泡沫候補ファンで、お亡くなりになった又吉イエスさん、マック赤坂さんも大好きで、実際路上で話しかけてマックさんはLINEで友達になってるし。

なんていうか、元気になるんですよね!ああいう人たちを見ると。

 

当時は、そんな感じ。ネタ的?な。ね。

 

・・・まさか、当選するとは思ってなくて。

 

N国党、本当に議席取っちゃって。

びっくりした・・・

 

もう、ただの泡沫ではない?

 

それから気になって、

ほぼ毎日のようにyoutubeを見だしました。

まぁ、TVないし。息抜き?的に、メール処理とかしながら聞くのが日課

f:id:Madam_toad:20191006090104p:plain

そうして気がつけば、

 

 

人間・立花孝志さんを、

好きになってしまいました(* ˘ω˘ *)

 

といっても

別にNHKをぶっ壊したいとは思わないし。

TV持ってないから受信料払わないし。

 

ただ、ぶっ壊したい!て衝動は私もすごくあるので()

J○PSとか文科...()

なんか既得権益な金持ってるやつ。とか?っっw

たまに、本当にぶっ壊したくなる。

 

 

 

youtuberが国会議員かぁ。。。

面白い時代になりましたよね。

 

自分の人生も、まだリベンジできるんじゃないか?て

可能性考えてしまうので。

N国の政治理念云々は置いておいても、

魅力的な事件だと思う。

 

 

N国党・立花さん、これからもしばらくウォッチしまーす♪

 

 

フヘヘへw

「不安」という怪物。

どうしたらいいんでしょうね。

追ってくるっていうか、次から次へと、誕生しちゃうっていうか

脳が生成しちゃうんですね。

 

怪獣「不安」さん。

 

どうしたらいいんでしょうね。

 

 

f:id:Madam_toad:20191003111839p:plain

 

 

最近、ついに近所の心療内科デパスの頓服もらうようになりましたが

イライラもやばいですから。

ちょいと飲めば、暫くは多少楽になりますけど。

 

イライラって更年期近いからかもしれないじゃないっすか

ただ、遺伝気質だろうというのもあって、

父は私よりはるかにイライラしやすい短気マンですからね。

昨年ついに「レビー小体型認知症」になりましたね。

それ見てたら、余計自分の老い先が怖くなりましたし。

もう、女性特有の問題か、就職と金の問題か、未婚問題か、生まれ持った性格の問題か、原因が分からんすよね。

 

まぁ、

全部でしょうね。

 

 

今死ねるわけでもないし。そんな勇気もないですし。

悔しいじゃないっすか。

なんで

自分がこんな目に合わなけりゃならないんだ!

 

て毎日心で叫んでるから。

 

 

世間が憎い?

そういうのももうどうでもいい、というか、、、

 

気づけば「不安」さんが襲ってくるんですよね。

 

昔からあったけど

ここ最近は心臓が痛い、ので。

 

研究やめたら楽になるかもしれないけど

研究そのものは凄く好きなんで、環境が不安定なことが、問題なんだけど

やめたら安定するんでしょうか?

 

しないでしょ、もう。

 

 

誰かに受け入れてほしいかな。

けど、今の状態じゃ無理でしょうね。

不安だから。相手も不安な人って迷惑ですからね。感染るし。

 

自分だけじゃなく、

 

みなさん大変なんでしょ?

 

 

知らんわ!

ってね。

 

 

 

 

「不安」ですね。

 

なんだかんだ、コツコツ結果は出してきてるので、

なぜここまで見下されないとならないのか。

なぜ既得権益にいるだけのパッとしない奴らの方が恵まれてるのか。

なぜ能力低い人に限って繁殖だけはするのか。そしてサービスだけは要求するのか。

フリーライダーじゃねーか。

 

とかね。

 

 

まぁ

そういう根性曲がったことばかり考えてるから、

「不安」て怪物に襲われるんでしょうね。

 

 

 

 

エレカシ野音、の外聴き、に行ってきた件。

とーても幸せな時間を過ごせました〜〜❤️

 

エレカシ野音2019。2days.

6日も7日も、外で聴かせてもらいまスター!!!

 

いやああ。。。。

外でもよく聴こえますねーー!

 

土曜は雨は最後に少〜し降ってきた程度で、ほぼNO傘で大丈夫な天候でしたが

七夕の日曜は、雨でしたねー!はじめっから。

いやぁ、レインシューズにすべきだった!

新橋から歩いてる間にびしょ濡れで、正直足腰冷えました・・・。

でも、でも雨でもよかっった!!

 

宮本さんの澄んだ美しい声が、外にもよーーく響くので、

会場には入れなかったものの、、、

生歌には間違いないから!!!!

リアルタイムで聴いてる!生歌聴いてる!!!!

て喜びで、すごく、よかったです!!!!

グヘヘへへ♪

f:id:Madam_toad:20190708014412p:plain

 

外聴きに来てる方達、たくさんいました。1000人近くいるのでは?というくらい。

雨だった2日目も、人数減ってる感じなかった。すごい!

 

大人中心で、とてもマナーが良くて、外でも拍手や声援を送ってて、

素敵な方達ばかりです。

一人参戦の方も自分以外にも結構たくさんいらして、

本当に好きなんだな、というのがよくわかるというか、

さすがエレカシ。ファンの質も高い!!です。

 

私はファン歴の浅い人間だから、今回始めてだけど

30周年の野音の今回、もしかしたら30年ずっと見守ってきた方も外にいたのかもしれません。

本当に愛されてるバンドなんだなぁ、と改めて感じました。

 

土曜だけでやめようかと迷ったけでど

雨の中の日曜も、行ってよかった!

昨日はなかったso many people聞けたし。

 

想像以上に、素敵な時間を過ごせて、感激しました!

もちろん、会場に入れたらもっと嬉しかったけど、

外聴きの方々とのなんとなくな?一体感が、なんかすごくよかった!

 

そりゃあ、会場内の方が良いでしょうけど、

外聴きには外聴きの良さがある!と今回感じました。

まず第一に、飲み食いできる!

日比谷公園内でベルギービールフェアをやっていたので

せっかくなのでそこのビールを買って飲んでました。これもなかなかよかった!

そして移動も自由!

音の響とか、気になったら好きに移動できる。

  

 

外聴きには何が必要か?というか、持ち物は?てちょっと気になったけど、

結論からいうと、手ぶらでOK.

折りたたみの椅子やレジャーシートを持ち込んでる方も結構いましたが

私は何も持たず、フラッと立ち寄った的な感じで

約2時間半、立って聴いてました。

なので個人的には、椅子は必要ないと思いました。

 

 

 

 

まーーー

とにかく

 

会場に入れない分、

外で堪能させてもらいました。

 

全ての毛穴から宮本さんの声を吸収しましたぜ!!!!

 

フヘッ・・・ふへへ

 

 

 

 

 

これからもエレカシを応援します。

 

 

 

 

 

でも来年は中で聴きたいな〜〜♪

 

 

www.madamtoadblog.com

 

 

私たちの「エゴ」って。

カエルたちにも「自意識」というのは、あると思う。

けれども、「エゴ」はほぼないだろう。

f:id:Madam_toad:20190610193041p:plain

 

昔、カエルを研究し出した頃は、正直、彼らのこと、もっと舐めてた。

その行動のほとんどは生理的な反射だけで説明できるように思えたし、特に「自己」は意識してないように思えた。

 

だけど、

長く同居して、彼らと色々対話するようになって、行動の研究もするようになってから

考えを改めるに至った。

 

どうやら彼らは彼らなりの「自意識」があるようだ、と。

 

 

なんてったってヨシ子さんなんか、嫉妬心さえ持ち合わせてる可能性だってあるんだし(参考↓)


ヒキガエルのヨシ子さん、嫉妬する!の巻。A toad feels unfair.

 

 

それで

最近改めて思うのが、人間のエゴイズムの問題。

 

私ら、「エゴ」すごくないですか?

 

 

最近起きた事件もそう、「エゴ」が強すぎるから起きる。

 

他者と比べて「自分だって」と常に苦しむ。

 

私たちは、なぜ穏やかに暮らせないのか?

 

それは「エゴ」が強いから。

 

 

これは別に現代に限った話ではないと思うけど、

ネットとSNSの普及で、「エゴ」が肥大化してきてるように、どうしても感じてしまう。。。

 

 

ところで、「自意識」と「エゴ」と無神経に並べて書いてしまったけど、

この辺、非常に深いテーマを内包してると思う。

 

よく意識の研究をする人たちは(流行りのテーマでもある)

いきなり人間の脳から入ることが多いけど、

どう見ても、飛躍してる。ように感じてしまう。

 

ここから先は自分勝手な妄想的忘備録のようなものだけど、

まず第一に、シンプルな意識(ベルクソンのいうような自己中心性)は微生物を含め全生物にあると思う。

次に、自己/非自己を基礎とした「私」という意識。ここに階層があって、意思決定プロセスとリンクする形で、単純なものから複雑なものまで存在するのではないかと。そして複雑になるほど「自意識」も発達してるだろうと。

そして最後に「エゴ」がある、そんなイメージをしている。

 

 

生きづらさ、苦悩を生む、私たちの「エゴ」。

 

カエルなどほとんどの動物はこの「エゴ」から解放されているからこそ、

心は綺麗で、生き様がとても美しいのだと思う。

 

自分に疑問を持たず、それでいて世界にがっつり根を下ろし、生を諦めない。

 

最後まで、ただただ、生き抜く。

本当に美しいと思う。

 

 

翻って、人間の醜さといったら。

愛がどうとか、自分が評価してもらえないとか、社会が憎いだとか、親が憎いだとか、

どんだけ自分が好きなのか???

 

他者との関係性の問題の全てを、「エゴ」により面倒にしている。

 

だけど、この「エゴ」。

悩ましいが、文化の源泉とも深く関係してるに違いない。

 

 

自意識のさらなる上部構造(と呼ぶのが適切か分からないけど)、

私たちのこの「エゴ」は、どこから来たのか?

 

 

 

カエルのヨシ子は、今日も涼しげ。

 

チケット取れなかったおおおぅをおおぉ!!!!!

!!!!!

f:id:Madam_toad:20190608223431p:plain

 

ふぎゃあああああああああ!!

ぎゃああああああ〜ーーー!!!!

 

̑̑દ=๑๑( ੭ ε:)੭ु⁾⁾

 

 

当たらないおう!!!

 

うおおううヲヲヲヲお!!!3連敗ヂヂぢヂクじょおooo!!!

 

 

なんのために美容院に行ってきたのでしょう??

 

会いたかったよううううう!!!!(会う?ん?ま、いい。そう、「会う」んだ。)

 

 

うおおーーーんオロロンオロロンローーーん!!!

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

野音もファンクラブ受付落選してるので、これもまた一般で外れたら、

 

グレてやる!!!!

 

 

うおおおおーーん

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

ありがとう、ユー太くん。ありがとう、チビ達みんな。

3年前にバスタブで受精させたニホンヒキとアズマヒキの9匹の合の子たちですが、2018年の冬にはユー太を残して一人になっていました。

 

そのユー太も、ついに力尽き・・・

f:id:Madam_toad:20190608004850p:plain

平成31年4月15日が命日です。
 

 

この春で3歳になるユー太。性成熟に向けて、体の変わり目だったはず。

やはり遺伝の、亜種間交雑の影響は少なからずあったろうと思います。

 

 

保温マットで冬眠はさせていなかったのですが、

真冬の頃に食欲が落ちてしまって、3月に入っても寝床から殆どでてこない日々。

かと思うと、脱皮なのか、夜にクークー鳴く。

 

暖かくなってきたら食欲も出るだろう、と期待しましたが

私の飼育技術が及ばなかったようです・・・

 

はじめなかなか、受け入れることができませんでした。

 

まだ、目覚めるのではないか!?と

あんな可愛いユー太が死んじゃうわけない!神様はそんな意地悪なわけない!と

 

勝手に期待して、1日待って、

でも、帰宅しても変わらず。それどころか皮膚が少しづつ黒ずんできてしまう。。。

 

 

埋葬しよう 

 

翌々日に、埋葬しました。

他の8匹の兄弟と同じ場所に、かつて住んでいたアパートの裏山です(こっそり入ってしまった)。

 

浅く手で土を掘り、ユー太の亡骸を寝かし、土をかけ、お花を添えて、手を合わせる

 

この一連の作業によって

私はこの子の死を受け入れました。

 

 

それでも

忙しさで紛らわして、ブログに書くことを避けていたのは

やはり自責の念に襲われるのが嫌で、

なかなか向き合えなかったから、だと思います。

 

 

命を弄んでいる面は、ないと言い切れません。

 

まず第一に、

野生種は、本来飼うべきではない。

 

そして私は生物学者の端くれとして、

興味があるから、人為的に交雑させて、今回ある意味不自然な形で9匹のオタマジャクシを得て、

どう育っていくか?と、

観察を兼ねて、飼育しました。

 

 

そう、

好奇心があったから。

 

 

研究に出会わなくても、ペットは飼い続けたでしょうが、

 

私の業は、間違いなく深くなったでしょう。

 

ユー太たちのことに限らず、

命を扱って、自分の生業にしてるのだから。それはそれは罪深い。

 

殺生と無縁の動物はいないけど。好奇心のために殺すというのは、とんでもない話。

 

飼育する、ペットにする、

閉じ込め、自由を奪い、

彼らの野生であったら得られたろう可能性を根こそぎ奪い、

 

どれほど愛情を注ごうが、

 

幸せにできるか?

 

できないでしょう。

 

 

申し訳ない、といって浮かばれるか?

 

そんなわけがない。

彼らの生きた時間を否定するみたいなことを言って、なんになる。

 

 

彼らの生は、全うされた生は、もう戻ってこない。

 

ユー太は生き抜いた。

 

一緒に過ごすことで、面倒を見させてもらうことで、

私に素晴らしい時間を、体験を、与えてくれた。

 

 

 

いうべき言葉は決まってる

 

 

ありがとう

 

 

本当にありがとう

 

 

www.madamtoadblog.com

www.madamtoadblog.com

 

f:id:Madam_toad:20190608005328p:plain

 

このような次第で 

最後のひとり、ユー太が亡くなりましたので、 

今回でチビ達のお話は終わりです。

 

 

ありがとうございました。

 

 

P.S. 大人はヨシ子さんとユキ夫君が元気にしてます。Instagramでまだ登場させる予定です。 

科研費は当たったけれど〜...。

ルールル〜♪

給料がーない〜♪

ルールル〜♪

現在無給研究ウイン♪

 

学振PDおわた

次、探さないとね。ね、ねねねねんえん。

 

けど科研費申請できる身分、て大事で。

もし、自分の研究を続けたいなら、ね。

それを捨てれば、何かしらはある、かも知れんけど。

 

自分の場合は実証系だから、実験できる場所、飼育スペース、この確保が何より難儀ね。ね。

それで、科研費申請できる身分、てなると、選べる場所は狭まるね。ね。

 

まぁ、、、、

世の中には科研費を獲得できないパーマな大学教員の方もぎょうさんいらっしゃるワケで。何で、自分みたいな底辺が、科研費当ててんの?の??

・・・てなるワケですけどね。

こういう「自己肯定感が低いゆえにサラッとやっちゃう実はかなり嫌味なマウンティング」はいけないですね。ていうかこれ、どこかの誰かの呟きで知り、あぁ、私過去にやってたな、と反省しました。

でも、どうしても、そう育てられてしまってると、なかなか抜けないですね。「私みたいな人間でもできるのだから、誰だってできるでしょう?」て考え。よくないなぁ、てだいぶ自覚してきたので、今しなくなりました。今はむしろ、自分の才能を愛そう、人がなんと言おうが、この独創性を誇ろう、と言い聞かせてます。

 

ま、それは 置 い て お い て。

 

わたす、科研費については2勝1敗。当てたのは「スタートアップ」と今回の「若手」やけどね。前回落ちた「萌芽」は審査結果見たらA判定だったので(萌芽の採択基準が他と違う上に昨年は1桁代の採択率だった)おそらく書き方は間違ってないし、3割前後の採択率の若手なら勝算はあるだろう、と思い狙って(もちろん新しい研究テーマで)、見事というか運よく当てマスタ。

といっても誰にも添削してもらってない、1週間足らずで焦りまくって書いた申請書で、しかも業績実質増えてない、て状況だったので、落ちる可能性が高いだろうと、当落がすごく怖かったです。

 

 

ま、それは 置 い て お い て。

 

研究続けられる!

けど

給料がー==!!!(>'A`)>ウワァァ!!

 

やっぱ欲しい。

ていうか当たり前。貯金切り崩す生活は続けられうはずがない!!

 

 

ほんとは、少額ながらも雇用してもらえるとふんでたので、ちょっとショック。。。

 

早く、早く、生活費の当てを!!!

 

安くてもいいので、家賃光熱費通信費くらい賄える状況にしとかないと。

半年なら耐えるか、とか思ってたけど。いやすぎ。

 

 

ま、研究者あるある、だけどw

名ばかり若手の年寄りにはキツイっす♪

 

 

ふえぇええ〜ん。゚(゚´Д`゚)゚。

 

・・・ちくしょう。

来年の今は、こんな情けない状況には図えっっっっっタイにせんわ!

 

リベンジリベンジ!!!

 

負けるな!ワラシ!!!!

 

 

f:id:Madam_toad:20190407231654p:plain